ヘルシー&おいしいプレゼントキャンペーン
春のヘルシーレシピをウェブサイトで公開

BACK

 

 カリフォルニアのくるみ生産農家と加工業者を代表する米国農務省の外郭団体であるカリフォルニアくるみ協会は4月13日より、「#いつでもくるみ」をテーマに抽選で210人にカリフォルニアくるみの「おいしさ」「健康効果」「汎用性の高さ」を現した賞品が当たる「ヘルシー&おいしいプレゼントキャンペーン」をスタートした。キャンペーンサイト:https://www.californiakurumi.jp/alwayswalnuts/

 同キャンペーンは、5月31日まで実施され、カリフォルニアくるみの魅力をより多くの消費者に理解・体験してもらうもの。期間中、同協会の公式LINEアカウントに友だち登録し簡単なクイズに答えるだけ。
《賞》
▽ヘルシー賞(100人)=サラヤMのアンサースムージーと限定コラボ。腸活・脳活・睡眠をテーマにした「くるみスムージー3種」
▽おいしい賞(同)=クイーンズ伊勢丹オリジナル人気商品。「マッシュルームとくるみのポタージュ」
▽協会特別賞(10人)=アメリカ直輸入のサステナブルな「ウォルナットサラダボウル&サーバー」
 また同協会は、春の新生活に推奨のくるみレシピを公式ウェブサイト上で公開した(https://www.californiakurumi.jp/news/20220331)。
 今回紹介するレシピは、肉を一切使わず、くるみ・豆腐・干ししいたけで作ったパテが特徴の「くるみが決め手の豆腐バーガー」、くるみを加えて満足感をプラスした「くるみのスパニッシュオムレツ」、発酵食品とくるみの組み合わせで腸活効果が期待できる「くるみとはちみつのギリシャヨーグルト」など4点。
 いずれもオメガ3脂肪酸をはじめ豊富な栄養素が詰まったくるみをふんだんに使い、春の新生活をサポートする健康的で栄養満点なレシピになっている。
 カリフォルニアの太陽をたっぷり浴び、スーパーフードと呼ばれるくるみには、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸の他、抗酸化物質、食物繊維、たんぱく質、ビタミンB1、ミネラルなど健康的な生活の手助けをしてくれる栄養が豊富に含まれている。パンや菓子だけでなく、スナックとしてや朝食から夕食まで手軽に食事に摂り入れて栄養を摂ることができる嬉しい食材。くるみを使ったヘルシーレシピで健康的な新生活をスタートしよう。
【くるみについて】
 くるみに豊富に含まれる植物由来のオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸(ALA)は、身体の中では生成されない必須脂肪酸で、ナッツ類の中で唯一オメガ3脂肪酸を豊富に含むナッツ。α-リノレン酸(ALA)は身体に良い脂肪なので、積極的に摂ることが推奨。厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、オメガ3脂肪酸の摂取量の目標値を決めており、18〜29歳の男子で1日あたり2g以上、女子で1.6g以上としている。くるみひとつかみ(約30g)には2.7gのオメガ3脂肪酸が含まれる(米国農務省データ)。
 また、くるみの摂取は健康長寿との関連性が示されている。ハーバード大学公衆衛生大学院の高齢者を対象にした研究によると、くるみを摂取が増えるほど死亡リスクが低減され、さらに平均寿命が延伸する可能性が示された。同研究では、1週間につき5つかみ以上のくるみを食べることにより、(全死因)死亡リスクが14%、心血管疾患による死亡リスクが25%低く、平均寿命は約1.3年延びるという結果が出た。1週間に2〜4回くるみを摂取する人の場合でも同じく有益性を得ることができた。別の研究では、50代後半から60代前半の女性がくるみを週2回摂取した場合、摂取しなかった女性に比べて、健康長寿の確率が高まることが分かった。「健康長寿」とは、65歳以降において認知機能低下や身体障害がない長寿と定義される。

新聞最新号へBACK



くるみとはちみつのギリシャヨーグルト