会社分割による中間持株会社設立

BACK

 M日清製粉グループ本社(見目信樹社長)は4月26日、取締役会で会社分割により中間持株会社を設立し、同社が保有する同社グループの中食・惣菜事業を担うトオカツフーズM、Mジョイアス・フーズ及びイニシオフーズMの株式を中間持株会社に承継させることを決議した。なお、同会社分割は、同社単独の簡易新設分割であるため、開示事項・内容を一部省略して開示している。

《会社分割の目的》
 同社は、中食・惣菜事業を成長分野の一つと位置付けグループの主力事業に育てるべく取り組んでおり、2019年7月にトオカツフーズMを子会社化して以降、Mジョイアス・フーズ、イニシオフーズMを合わせた3社を傘下に持ち、同社グループの基礎研究技術や商品開発力等を活かし、同社グループの中食・惣菜事業及び冷凍食品事業の拡大を図ってきた。
 現在は3社が個別に事業活動を行っているが、競争環境が今後厳しくなることが予想される中で、同社グループにおける中食・惣菜事業の全体最適を考えた機動的な戦略判断を行うとともにマネジメントの一層の強化を図ることが必要と考え、グループの中食・惣菜事業を統括する中間持株会社を設立することとした。
 今後は、中間持株会社が中心となり、統括する3社の経営資源の有効活用や各社の経営管理・戦略立案への関与・支援を行うとともに、リスク管理・ガバナンスの強化等、競争力ある事業体制を構築して企業価値向上を図る。
《会社分割の要旨》
@会社分割の日程/新設分割計画承認取締役会決議日:2022年4月26日、分割期日(効力発生日):2022年7月1日(予定)
A会社分割の方式/同社を分割会社とし、新設会社を承継会社とする当社単独の簡易新設分割であり、新設会社は同社の100%子会社となる予定。
B会社分割に係る割当ての内容/同会社分割に際して、新設会社は普通株式1千株を発行し、その全てを同社に割り当てる。
C会社分割に伴う新株予約権、新株予約権付社債に関する取扱い該当事項はない。
D会社分割により増減する資本金/同会社分割による同社の資本金の増減はない。
E新設会社が承継する権利義務/新設会社は、新設分割計画に基づき、本会社分割の効力発生日に当社が保有するトオカツフーズM、Mジョイアス・フーズ及びイニシオフーズMの株式全て、その他中食・惣菜事業に係る子会社の事業活動の支援及び管理事業に関する権利義務を承継する。
F債務履行の見込み/同会社分割において、新設会社が負担すべき債務については、履行の見込みに問題がないものと判断している。
《新設会社の概要》
▽名称=M日清製粉デリカフロンティア▽所在地=東京都千代田区神田錦町一丁目25番地
▽代表者の役職・氏名=取締役社長岩崎浩一
▽事業内容=中食・惣菜事業に係る子会社の事業活動の支援及び管理事業
▽資本金=100百万円
▽決算期=3月31日
《今後の見通し》
2023年3月期の同社連結業績への影響は軽微。

新聞最新号へBACK