FOOMAアワード優秀賞を受賞

BACK

 

 Mマスダックマシナリー(奥田信夫社長)は、6月7〜10日の4日間に東京ビッグサイトで開催された「FOOMA JAPAN 2022」に出展。6月7日に最終審査が開催された「第1回FOOMAアワード2022」で、ライン用仕上げシステム「ライトデポリー」が優秀賞を受賞した。

 FOOMAアワードとは、一般社団法人日本食品機械工業会が主催する、優秀な食品機械・装置を顕彰する表彰制度。食品機械の技術研究・開発の促進およびその技術の普及を図るため、優秀な食品機械・装置を広く食品産業界に周知、これを機に食品産業界における生産性向上、省人化等の課題解決、新たな食品開発に貢献し、ひいては食文化並びに食品安全の一層の向上に資することを目的に創設された。
《ライトデポリー概要》
@製品切替が容易な単列式高速デポジッター
Aコンベア上を流れる製品に追従し自動充填
B平行リンク機構の採用により、高い生産能力と滑らかな動きを実現
Cコンパクトで部品が計量のため、取り外し・洗浄、組み付けがしやすく工具も不要

新聞最新号へBACK