製パン技術講習会 熊本製粉
講師はMondial du pain 2017覇者陳耀訓氏
バゲットなど9品を実演

BACK

 

 

陳耀訓氏

隅川氏

講習会の様子
 

バゲット

バゲット(アレンジ)

 熊本製粉M(宮本貫治社長)は、熊本:熊本製粉M技術センター(6月18日)、大阪:Mツジ・キカイ堂島ラボ(21日)の2会場で業務用顧客を対象に「製パン技術講習会」を開催した。

 講師は、昨年フランスで開催されたMondial du pain 2017の優勝チームの一員で、台湾高雄市「Lepain」オーナーシェフの陳耀訓氏。主に熊本製粉のフランスパン用小麦粉「シェールフランス」を使用し、Mondial du Pain 2017での優勝作を中心にバゲットなど9品を実演した。また、陳氏が日本で修業をしたムッシュ・イワンのオーナーシェフ小倉孝樹氏も応援に駆け付けた。
 陳耀訓氏は、台湾彰化縣出身。2011年台湾高雄市に「Lepain」をオープン。2017年「Mondial du Pain 2017」で優勝し、台湾のベーカリー界に多大な功績をもたらしている。

前へ戻る

いちご香る特製ブレッド

山胡椒パイナップルデニッシュ