「2021特別講習会」製パンコース
パン屋さんで人気のクロワッサンなど
日本菓子専門学校

BACK

 

 

鈴木信明氏

迎井靖弘氏

 日本菓子専門学校(三浦秀一校長)は6月29・30日の2日間「2021特別講習会」を開催した。同講習会は通信講座の受講生や同校の卒業生を対象に毎年開催されているもので、今回は、製パンと和菓子の2コース。29日に行われた製パンコースでは、同校教師の鈴木信明氏と迎井靖弘氏が担当。約50人が受講した。(和菓子コースは次号で掲載)

 講習内容は、鈴木氏が、中種法を用いた「生食パン」とヘーゼルナッツのフィリングを生地に巻き込む発酵菓子「ヘーゼルナッツ・ツォップフ」をドイツやウィーンでよく用いられる編み成形で型焼き。迎井氏が今、人気のクロワッサンで、表面にココア生地を貼り付けた「パリジャン」と同じ生地で相性の良いチョコレートとクルミを使用した「ショコラ・ノア」をそれぞれ実演した。

前へ戻る

生食パン

ヘーゼルナッツ・ツォップフ

クロワッサン(パリジャン/ショコラノア )