ファットウィッチベーカリヘ京都受け取り処〈京都市左京区〉 日本初上陸 本場ブラウニー専門店 客目線から生まれた受け取り処が静かに前進

BACK

 

 

スタッフ。右が小野氏

店舗外観

店内の様子

 1998年にニューヨークで生まれたブラウニー専門店ファットウィッチベーカリー(オーナー:パトリシア・ヘルディング氏)は6月11日、日本のパートナーであるリボン食品M(本社:大阪市/筏純一社長)と手を組み、世界で2店舗目となる京都受け取り処をオープンした。

 京都市左京区の下鴨にある同店舗は、伝統あるニューヨークブラウニーと日本食材を使った日本風ブラウニーを展開している。これまでオンラインでしか販売していなかったブラウニーを対面で販売することを実現。「好きな日時、購入したい時に来店してもらい、ゆったりとした時間を過ごしていただきたい」という思いが込められた、オンラインでは出来ない「おもてなし」の場。しかし、小さい店舗であるため、できる限り待たせることなく、売り切れて欲しいものが買えないということがないように考えたのが、予約受け取り処。  長蛇の列や売り切れの心配もなく、カスタマイズの相談にも応じてくれる。「今ほしい」という客には不便だが、予約がないと来店できない訳ではなく、予約がなくても購入できる商品もある。また、店舗で試食をしながら、予約商品の選定や自宅などへの配送予定をたてることも可能。
 近隣居住者を対象にしたプレオープンを6月5日に開催。約500人が来店した。また、6月8日には業界関係者・プレス内覧会も行った。
 リボン食品M開発部新規事業課の小野友梨子氏は、同店の特長を次のように述べた。
 「ファットウィッチのキャラクターが魔女をイメージしたものであることから、この店は探さなければ見つからない『魔女の隠れ家』のような雰囲気を醸し出しています。
 ニューヨークのオーナーが大好きな京都でありながら、あえて中心部から離れたこの場所に店を構えました。規模を重視するのではなく、まずはこの場所に根付くことが大切だと考えています。
 コンセプトは『おもてなし』の場です。試食もでき、コーヒーの試飲もしていただけます。時間を大切にしていただき、ゆっくりと店舗内をご覧いただけます。この店舗の雰囲気を知っていただいた上で、ネット通販でもご購入いただければ相乗効果が生まれると考えます」
 ニューヨーク発祥のベーカリーが日本進出と言えば、連日のように行列ができ、落ち着いて買い物ができない上、客の時間を無駄に費やすことに繋がるが、そのようなことを回避する客目線の配慮が感じられる。また、予め決まっている商品を必要な分だけが毎日届けられるため、無駄がなく効率が良い。
 「催事に出品することもあるのですが『ニューヨークで食べた味が忘れられなかった。日本で買えるようになって良かった』と言ってくださるお客様もおられるほどで、ファットウィッチベーカリーのこだわりの味は、日本でも知られていることに驚きました。こだわりは、味だけではなく全商品随所に見られます。例えば、魔女のキャラクターの下に描かれている都市の背景画もフレーバーの違いによって京都・日本・ニューヨークと異なります。オリジナル雑貨も同様です。パトリシア氏は元々、美術の先生でしたので、キャラクターをはじめロゴ等は全て自作です」と小野氏。

【商品ラインナップ】
◇京都受け取り処限定品(税込1,620円)=「京都小箱」、日本固有の素材を使った「ジャパン小箱」、京都限定小箱に詰められた「ニューヨーク小箱」
◇ブラウニーセット=NYと日本のフレーバーのミックス(18個入り同5,832円/12個入り同3,888円/9個入り同2,916円)
◇NYセット=NYで人気フレーバーの詰め合わせ(12個入り同3,888円/6個入り同1,836円) ◇日本限定セット=日本ならではの素材が生きる限定セット(12個入り同3,888円/6個入り同1,836円) ◇サンキューセット=ありがとうの気持ちを伝えるラベル付き(18個入り同5,929円/12個入り同3,952円)
◇アラカルト=中身が自由に選べる(18個入り同5,832円/9個入り同2,916円)
◇フレーバー=オリジナル(リッチチョコレート)、ブロンド(チョコレートを使用していないケーキのような食感)、ダブルチョコレート、ウォルナッツ、スノー(しっとりしたホワイトチョコレート)、レッド(サワーチェリーとチョコ)、抹茶、ハニー、アーモンド、ほうじ茶、オレンジ、きな粉
◇予約がなくても購入できる商品=ウィッチトリック〜魔女のいたずら〜1個税込324円、ブラウニーパイ6本同1,425円、コーヒー1袋同129円、ミックス粉同1,296円、オリジナル雑貨など
【予約方法】
◇Webで注文(24時間受付)http://www.fatwitch.co.jp/reservation
◇FAXで注文(24時間受付)用紙をwww.fatwitch.co.jp/reservationよりダウンロードし印刷して必要事項を記入して075-275-2436にFAXする。
◇電話で注文(受付10〜18時/定休:火曜)電話番号: 075-275-0194まで

《パトリシア・ヘルディング氏》
1956年:母からブラウニーの焼き方を教わる。1980年代:ウォールストリートの金融街で働き、職場にブラウニーを持っていくようになる。1998年:NYチェルシーマーケットに「Fat Witch Bakery」をオープン。2015年:海外初となる日本でのオンライン通販をスタート。2016年:日本でのパートナーが「Fat Witch Bakery Japan」の店舗を京都にオープン。
 「私は、年に1回は日本を訪れているので、いつかみなさんにお会いできることを楽しみにしています。NYのチェルシーマーケットにある店は、いつも多くの日本人客に来店していただいています。みなさんがNYを訪れる時は、是非、来てください」

【京都受け取り処】
〒606-0824京都市左京区下鴨東半木町67-6
TEL075-275-0194、FAX075-275-2436
▽営業時間=10〜18時
▽定休日=火曜日
◇松之助代官山NYでも一部の商品が購入できる。
〒150-0033東京都渋谷区猿楽町29-3ヒルサイドテラスD-11
TEL03-5728-3868、FAX03-5728-3869
▽営業時間=9〜19時
▽定休日=月曜日

前へ戻る

京都小箱など

包装例と中身のブラウニー