GURUMAN VITAL パンの森 垂井本店〈岐阜県不破郡〉
従業員の育成を最優先課題とし
消費者に喜ばれる商品を提供し存在感を拡大

BACK

 

 

鈴木社長

アトリエヴィタル
 

森のパンラボ

カフェベルウッド

社員食堂
 

垂井本店店舗内の様子

ガーデン

パン工房の薪窯

 グルマンマルセM(鈴木政裕社長)は、1950年創業して学校給食やスーパーマーケットの卸パンを作っていた「マルセパン」を母体として、1981年に「ベーカリーグルマン」を開業。その後、パンに対する情熱と飽くなき探究心により、地域の顧客から高い評価を得て、現在「GURUMAN VITAL」を岐阜に1店舗、愛知に4店舗、合計5店舗で、焼きたてのパン・菓子を販売している。

 鈴木社長は「朝食には、食パンやクロワッサン。昼食には、種類豊かな惣菜パン・菓子パン。間食には、洋菓子。夕食には、ワインやチーズに合うフランスパンやライ麦のパン。安心できる素材を使用し、本当に味わい深いパン作りを目指している」という。また、パンの森垂井本店の特長は「1店舗のパンや菓子を業務用パン中心に製造するマルセパンファクトリーと天然酵母と素材にこだわり高温の遠赤外線で焼成する薪の石窯パンを製造するヴィタル丘の上のパン工房の2工場で製造しているため、石窯パン・菓子パン・惣菜系パン・焼き菓子、生洋菓子類などジャンルが多岐に亘こと。加えて、店舗内のピザ窯で焼き立てピザを提供しており、焼成冷凍パンも店頭に並べている。店内で販売している商品を自由に食べることができるイートインスペースやランチを中心にゆったりと食事やスウィーツが楽しめるカフェベルウッド、小規模のレンタルイベントホールを併設していること」。
 2工場では、店舗販売用のパン製品だけではなく、関東を中心に全国の百貨店やレストランに卸す製品も製造している。
 約2千坪の敷地には垂井本店と2工場のほか、日曜日のみオープンするこだわりの手捏ね食パンを対面販売する「アトリエヴィタル」(アルザス風建物)、子供向けの食育を兼ねたパン体験教室やシニアパン教室などに加え、11月にはMOFを招いた講習会の開催を予定している「森のパンラボ」、くつろぎのイートインができ遊具などがあってペットと一緒に利用できる「ガーデン」、三カ所の駐車場がある。また、古民家を再生した社員食堂兼休憩スペース「アトリエ+良庵」(多目的利用可能)は、神社風のピザ窯建屋を有し、中庭でBBQなどのイベントを愉しみたいというが、最優先課題は従業員の技術や人間的な成長に繋がる教育に力を入れることで、イベント等の実施は先送りにしている。これらを総称して「パンの森」と呼んでいる。
 「パンの森は、日常のパンを提供する場でだが、非日常の時間を心地よく過ごしてもらうことができる空間」と鈴木社長。
 薪の石窯でパンを焼いているベーカリーはほとんどなくなったが、同社ではトンネルオーブンやデッキオーブンと同様に合計4機が稼働している。薪の石窯で焼成を担当するスタッフは「1度の余熱で3〜4時間の焼成が可能。高い温度を必要とする商品から順に窯入れをする」と述べた。
 社訓は「食の喜びと感動を創造する場の提供」。経営方針は「お客様と全社員の満足を追求して、永続的な発展が地域社会の中でできる会社」。
 人気商品ランキングは次のとおり。
▽石窯パン=1位:石窯メロンパン、2位:クレセントウィンナー、3位:石窯ヨモギアンパン、4位:ブルーチーズとくるみ、5位:バタークレセント
▽菓子パン=1位:チョコロング、2位:ミルクフランス、3位:カリカリメロン、4位:あんドーナツ、5位:ピーナッツフランス
▽調理パン=1位:ちくわとチーズ、2位:飛騨牛コロッケパン、3位:ウィンナーエッグパン、4位:ウィンナーツナパン、5位:カレードーナツ
▽食事パン=1位:塩バターロール、2位:大葉明太フランス、3位:キャトルナッツ、4位:チェダーチーズ、5位:ふわふわくるみナッツ
▽食パン=1位:チーズ食パン、2位:グルマン食パン3位:レーズン食パン、4位:オレンジブレッド、5位:イギリス食パン
 鈴木社長は、社員とすり合わせながら進めているステートメント最終案の一部を披露した上で、今後の展望を次のように語った。
 グルマンは「ともに働く仲間一人一人の個性を尊重し、互い認め合い、互いの成長を信じて、協力し合うことをベースに、全従業員の物心両面の幸せを追求し、食を通じて社会貢献する」ことを会社の第一の基本に考えており、暖かみのある心を一つにできる人間関係を持ち続ける職場を目指している。また、グルマンは、人を幸せにする美味しいパンや菓子を届けることに自信と誇りを持っている。
 グルマンパンの森は、グルマンを愛する皆さんの思いが集められ、日々、美しく、たくましく成長して行く。全国からパンの森に集う人たちとともに、グルマンは、多くのイベントを開催し、暖かみのある心ひとつにできる時と場の提供を目指している。
 このようなことを考えて社員と気持ちを共有できると、グルマンの更なる成長が期待できると考えるが、社員との調和が満たされなければ一人では達成できない。店名の「VITAL」は、「不可欠な」や「きわめて重大な」という意味で、私にとって会社経営上で社員が如何に「不可欠」「きわめて重大」かという想いが込められている。
 自分のイメージとして「日本一のベーカリーになりたい。誰もできないことをパンの森で成し遂げたい」が、グルマンで働く人全員がひとつにならなければ可能性は見え来ない。
 今後の展望は、40年先を見据えて円滑に世代交代を行うこと。パンの業界は、常に変革をしていかなければ生き残れない。今、課題視されていることは、CVSとの競争、人口減、高齢化社会など様々だが、これらをクリアしたところで課題がなくなる訳ではない。微力ながら、パン業界に新しい風、新しいリテールベーカリーのスタイルを模索して社員育成に取組み、パン製造・販売企業として何ができるかを常時抱いて、消費者に喜んでいただける本物の商品を提供することにより、存在感を少しでも大きくしたい。

【GURUMAN VITAL】
◇パンの森垂井本店
〒503-2124岐阜県不破郡垂井町宮代441
TEL0584-23-2400
▽定休日=毎週火曜
▽営業時間=8〜19時
▽総従業員数=約140名
▽URL=http://www.guruman.co.jp/

◇一宮店
〒491-0822愛知県一宮市伝法寺3丁目6番地9
TEL0586-76-8800
▽定休日=毎週水曜(祭日営業)
▽営業時間=8〜19時

◇長者町店/名古屋ブランチ
〒460-0003名古屋市中区錦2-6-13長者町えびすビルパート3 1F
TEL052-219-5333
▽定休日=毎週日曜日と祭日
▽営業時間=9時30分〜19時(土10〜18時)

◇藤ケ丘サンプラザ店(FC)
〒465-0036名古屋市名東区藤里町1601名古屋サンプラザシーズンズ1F
TEL052-224-7070
▽定休日=毎週日曜日と祭日
▽営業時間=9時30分〜19時(土9時〜18時30分)

◇豊田店
〒471-0828愛知県豊田市前山町1-27Mパーク内
TEL0565-71-5666
▽定休日=年中無休
▽営業時間=10〜20時(土・日9時〜20時)

前へ戻る

ハード系

石窯メロンパン

ちくわとチーズ