PANメンバーズ 第107回例会
付加価値を高める〜学びから実践へ〜

BACK

 

 

岩郷代表幹事

南副代表幹事

講演の様子
 

出席者

入賞者

 PANメンバーズ(岩郷雄介代表幹事=Mイワゴー社長)は3月16・17日の2日間、大阪市北区の大阪第一ホテルで第107回例会を開催した。

 開催に先立ち、岩郷代表幹事が次のように挨拶した。
 先月、MOBAC SHOW 2017が開催された。私は2日目に見学したが、外国人の多さを実感した。会場では、第三回ベーカリー・ジャパンカップの決勝戦が行われており、当会員であるクラウン製パンMより大塚信也氏が出場されていた。惜しくも優勝はできなかったが、次回大会にはPANメンバーズから多くの決勝戦進出者を送り、優勝者を出したい。
 続く講演会では、一般社団法人日本ほめる達人協会理事長の西村貴好氏が「『ほめ達が人と組織を活性化!』〜あなたの周りにはダイヤの原石がいっぱい〜」を講演した。
 研究会では「付加価値を高める」パネルディスカッションが行われた。パルリストは、Mイワゴー代表取締役の岩郷雄介氏、Mモンシェル代表取締役の社本太郎氏。コーディネタコーは、MP.A.N.Labo代表取締役の河原治氏。
 パネルディスカッション終了後には、協賛会員のM田中食品興業所、友栄食品興業Mが自社製品のPRを行い、経営・商品各部会より事業の進捗状況が報告され(後掲)、Mベーカーズタイムス社代表取締役高家正史により業界情報が披露された。
 終了後の懇親会では、記念撮影の後、副代表幹事の南卓治氏(Mエムズフードアンドライフ社長)が「会社や店舗で、チーム一丸体制作りや人を巻き込む力は大事だと思う。常にそのようなことを考えて商売や経営をしなければならないが、今日の講演で『巻き込む』や『その気にさせる』という意味の言葉が沢山出てきた。是非、実践したい。新年度のテーマを『ベーカリーのこれからの可能性をさぐる』とした。3〜5年先を見通して自社はどうするのかを深く考えて未来ビジョンを作りたい」と挨拶し、奥本製粉M営業部部長代理製粉チームリーダーの海崎悌正氏が乾杯の発声をして宴が始まった。
 2日目は、西村貴好氏講演の振り返り意見交換会と日清製粉M・日本製粉M・鳥越製粉Mによる「将来を意識したパン」が提案され、2日間の日程を終了した。

【部会報告と次年度計画】
◇経営部会(内田敏行氏)
 未来検討委員会で、3〜5年先を予測して労働力や採用問題に焦点を絞り、講師を招聘して講演会を開催する。ベーカリー異業種見学会を実施する。候補は北陸・北関東・北海道が挙がっているが決定はしていない。経営相談室は、現在あまり利用されていないため、今後の活用を期待している。
◇商品部会(宮所忠喜氏)
 未来型夢パンコンテストの結果発表と表彰式を挙行(後掲)、最優秀・優秀者それぞれに岩郷代表幹事より表彰状と副賞が授与された。次年度計画は具体化していない。

《講師プロフィール》
 「楽しいことしか伝わらない」をモットーに講演やセミナーは「あっという間」と好評。満足度は、常に98%以上、その登壇回数は2016年で212回。一年間の述べ聴講者数は19199人。書籍:「繁盛店の『ほめる』仕組み」「ほめる生き方」「心をひらく『ほめグセ』の魔法」「泣く子もほめる!『ほめ達』の魔法」「ほめる達人が教える人に好かれる話し方41」「人のほめ方サクッとノート」がある。

未来型夢パンコンテスト
最優秀は友栄食品興業吉見健志氏
 入賞者は次のとおり(敬称略)。
▽最優秀=吉見健志(友栄食品興業)「和食ぱん(お茶ときなこ)」/特徴と開発の想い:国産小麦、抹茶、五穀を入れたセミハードにきなこ味のクリームと抹茶に杜仲茶・桑茶・よもぎを合わせたクリームを挟んだ。 世界に誇れる日本の和食文化を未来に伝えたい。和食とパンを掛け合わせ、未来の和食パンというイメージで作った。
《優秀》
▽長谷川竜也(ケルン)「ベリーナッツファインブレッド」/美味しく栄養もあり、元気に何かをしりながら食べられるパンを開発した。中にはドライフルーツ、外の生地にはふすまを入れて栄養価を高め、エネルギーが出て甘味を出すためにリッチに配合にした。
▽井上真也(エムズフードアンドライフ)「アレルギー対応(卵・乳)キヌアの白パン」/卵・乳不使用→アレルギー対策。糖分はエリスリトール(天然甘味料=カロリー「0」)を使用し血糖値の上昇を控え目にした。栄養価の高いキヌアを入れた。
▽地原忠実・村上健(亀井堂)「マイフライ」/こしあんを食パンで挟み、天ぷら風の衣をつけた揚げパン。特製の衣で余分な油の吸収を抑え、サクサクした歯ざわりと香ばしさに仕上げた。
▽林直利(ボナペティヤナギヤ)「du pain moelleux」/花象菊(タピオカ粉20%含む)うどん粉を使用することで、艶のある色沢、滑らかでモチモチ食感で老化が遅い。少子高齢化が進む中、高齢者の食べやすさを考えた商品。

協賛会員の製品PR
◇田中食品興業所
▽特製れん乳クリーム=北海道産練乳と北海道産バターを使い、練乳とバターのコクと旨みを詰め込んだ。素材を合わせる順序、混ぜる強さやタイミングの一つ一つにこだわり、濃厚な味わいと口溶けを両立する新製法。パンに挟んでも存在感のあるクリーム状でありながら、口に入れると溶けてなくなる。驚きのキャップが美味しさの秘訣。
▽特製カレー=牛肉を炒めることで肉本来の旨みを閉じ込めることに成功。カレーの風味もくっきりして味わいが際立つ。スパイスをミックスしたカレー粉の熟成香をさらに引き出すひと手間を加えることで、どれかひとつの個性が尖るのではなく、まるみがあって誰からも愛される「カレーらしさ」を表現した。
◇友栄食品興業
▽五彩健美シリーズ=薬膳の考え方を採り入れた。薬膳とは、中医学理論に基づき調理された料理で、病気の予防や回復、健康を目的にした食事のこと。薬膳では、食物の色によって有効的に作用する臓器や経路が異なる考え方がある。
青のクリーム:スイーツで人気の抹茶に、杜仲茶・桑葉・よもぎを合わせたフラワーペースト/赤のジャム:みずみずしい味わいの苺に、アサイー・クコ・丁子を合わせたジャム/黄のクリーム:優しい甘さのかぼちゃに、柚子・ウコン・豆乳を合わせたフラワーペースト/白のジャム:パンやスイーツで定番のりんごに、ライチ・生姜を合わせたジャム/黒のクリーム:香ばしい味わいの黒胡麻に、黒米・玄米を合わせたフラワーペースト

前へ戻る

田中食品興業所

友栄食品興業