総会/60周年記念式典・祝賀会 富山県パン・学校給食米飯協同組合
新理事長に福井智一氏が就任
記念講演 講師は商品ジャーナリスト北村森氏

BACK

 

 

今村副理事長

宮腰氏
 

清水氏

福井氏

 富山県パン・学校給食米飯協同組合(海内暉正理事長)3月24日、富山市吉作の呉羽ハイツで、総会を開催。修了後には、富山県議・市議、県関連団体、協賛メーカーなどの代表者約90名を招いて、同組合創立60周年記念式典と祝賀会を催した。

 総会は、全ての議案が満場一致で承認された。任期満了に伴う役員改選では、福井智一氏(Pキングパン代表取締役/砺波市)が新理事長に就任した。

 創立60周年記念式典は、先ず過去10年間の物故者に黙祷を捧げた後、副理事長(理事長代行)の今村健士氏が次のように挨拶した。
 学校給食が導入されてから65年以上が経過した。また、昭和51年に米飯給食が導入されて40年が経つ。私が当組合の仕事に携わるようになって二十数年になるが、その間にも、様々な困難に見舞われたが、皆様の協力と尽力によって乗り越えてきた。また、文部科学省をはじめ、農林水産省、県学校給食会、栄養士会、教育委員会などの熱心な指導の下、本日のめでたい日を迎えることができたことを感謝している。
 今後も、皆様方と手を携えて美味しくて安心・安全な給食を目指したいので、協力を賜りたい。
 続いて、富山県教育委員会教育長の渋谷克人氏(代理:林嘉子氏)、参議院議員の堂故茂氏(代理:亀谷忠宏氏)、富山県中小企業団体中央会専務理事の増川茂則氏、富山県食品産業協会会長の四十物直之氏、農林水産省北陸農政局地方参事官の井上正章氏(代理:斉藤豊氏)が祝辞を述べ、祝電披露の後、第三回ベーカリー・ジャパンカップ食パン部門で優勝した越中岩瀬ベーカリーみや代表の宮腰進氏が紹介された。
 宮腰氏は「このような成績を収められたのは、組合員諸氏のお陰だと感謝している。パン作りは難しく深いものだが、一所懸命に頑張り続けことによりこのような素晴らしい賞を受賞することができた。これを機に、益々良いパンを作って地域の方々に喜んでもらいたい。
 加えて、同組合が表彰された、富山県が実施する働く世代の生活習慣病などの予防推進を目的として企業の従業員や県民に向けた健康づくりを実践している企業を評価・応援する「のばそう健康寿命!健康づくり企業大賞(日ごろの給食に「減塩パン」で子どもたちに健康と笑顔を)も紹介された。また、日々の業務で研鑽を重ねる組合員従業員に対し企業が推薦する組合特別表彰では、次の10名に表彰状と記念品が贈呈された(五十音順/敬称略)。
坂下俊昭(さわや食品M)、品川淑子(M北日本炊飯)、能登友也(高谷製パン)、福井博邦(Pキングパン)、堀仁志(第一食品M)、松岡武(清水製パン)、水野亨(高田食糧M)、三橋修司(富山県ライス栄研M)、山本啓太(富山製パンM)、吉田深雪(M太陽食品)
 記念講演では、「売れる」と「売れない」の分岐点〜ヒット商品のキーワードを列挙する〜を演題に、商品ジャーナリストでMものめぐり代表取締役の北村森氏が講演した。
 式典・記念講演修了後に行われた祝賀の宴では、同組合の清水仁司氏が「歴代の理事長の尽力でこの日が迎えられた。当組合が今後10年20年と盛況に運営されることを祈念する」と開宴の挨拶をし、富山市議会議員の五本幸正氏、M北国屋商店取締役社長の片岡学氏、中野商事M代表取締役の中野幹夫氏、富山県農業協同組合中央会農業対策部長の山本康雄氏が祝辞を述べ、富山糧穀M代表取締役の長崎衛氏が乾杯の発声をして祝宴が始まった。
 宴中には、福島おわら保存会による越中八尾おわら節が披露されるなど、終始和やかな宴となり、北陸砂糖M取締役社長の中田栄太氏の掛け声による万歳三唱、同組合福井智一氏の閉会の辞でお開きになった。

前へ戻る

組合特別表彰受賞者

乾杯

北村氏