7    6・7月講演会 日本パン技術研究所

BACK

 一般社団法人日本パン技術研究所(佐々木堯理事長)研究調査部は6月27日、東京都江戸川区のパン科学館で「高機能性酸素の先端技術とその応用について〜日本市場へのG4-アミラーゼ導入にあたって〜」を演題に、平成29年6月講演会を開催した。
 講師は、カーステンクラウ氏、塚原和之氏、ライシーリー氏。
 内容は、@高機能性酸素、G4-アミラーゼの詳細(開発の背景・メカニズム・特長・機能・優位性)A日本のベーカリー製品への効果(焼成試験結果の紹介)Bアジア地域の製パン売場の動向(無添加指向・トレンド・ベーカリー新製品について)
 また、同研究所は7月6日、同研究所内で「賞味期限設定の技術的条件と手法〜賞味期限に関する法改正のポイント〜」を演題に、平成29年7月講演会を開催した。
 講師は、山崎技術士事務所所長の山崎勝利氏。内容は、食品の賞味期限延長が多方面より求められる中、設定方法や科学的根拠、技術的条件などについて解説した。
@食品産業の動向と課題
Aこれからの食のあり方
B賞味期限設定の考え方
C科学的根拠に基づく期限設定方法
D賞味期限延長の技術事例(パン・小麦粉製品など)

前へ戻る