日本製パン製菓機械工業会
「モバックショウ」出品募集開始 8月31日まで
MOBAC SHOW 2019
幕張メッセで来年2月
『つながる技術、広がる美味しい笑顔』

BACK

 

 

増田理事長

谷沢実行委員長

宮川広報委員長

 製パン・製菓向けの加工機械や生産技術などが一堂に集う「モバックショウ2019(第26回国際製パン製菓関連産業展)」が来年2月20〜23日までの4日間、千葉・幕張メッセ・国際展示場で開催される。日本製パン製菓機械工業会(増田文治理事長)は2月6日、東京都千代田区のステーションコンファレンス万世橋で記者発表会を実施。展示会の開催に当たり、概要等を報告。募集小間数は1500を予定。

 発表会の冒頭、増田理事長があいさつに立ち「モバックショウは今回で26回目を迎える。毎回規模が大きくなり、今では1500小間を超える大規模となった。内容についてもマシーン、マテリアル、マーケティングの3つの『M』をキーワードに、出品製品の幅を広げ、原料、副資材、包装資材など関連メーカーにも多数出品して頂いている。これまでドイツ、フランス、中国、アメリカなど世界の主要展示会との交流を深め、アジアで最も歴史のある専門展示会として確固たる地位を築いてきた」と述べ、展示内容の充実を図っていくことを示した。
 また、「今回はオリンピックイヤーの前年に当たり、更にラグビーワールドカップ日本大会といった国際的な行事が開催され、消費増税の駆け込み需要も期待できる、お祭りムードが高まる絶好の時期での開催になる。現在の展示会業界ではオリンピックの関連により、会場が使用できなくなり取りやめになるなどの問題も起きているが、モバックショウは従来規模の会場を確保することが出来た。多くの来場者を呼び込んで、ユーザー業界の商売繁盛のため精一杯取り組む」と意気込みを述べた。
 続いて、谷沢修次実行委員長が開催概要を報告。「テーマは『つながる技術、広がる美味しい笑顔』。我々機械メーカーとユーザー業界、原料メーカーなどの関連企業がつながることで技術革新を促進し、魅力的な商品づくりや生産現場の高度化を図り、美味しい笑顔を世界中に広げたい」と述べた。また、製パン製菓業界を取り巻く環境について触れ、「人手不足が進む中、HACCPの義務化への対応、表示問題、政府が目指す働き方改革への対応など、様々な課題がある。モバックショウではこれらの課題解決に向けて、新発想の提案を行う。より多くの機械、原料、関連メーカーに出品して欲しい」と呼びかけた。
 プレゼンテーションでは、宮川恵之広報委員長が出品のメリット等について説明。「近年は原材料、副資材、包装資材企業やロボットメーカーなどの出展も増えており、今回も更に増やしていきたい。専門性の高い出品製品も魅力。来場者の7割近くがユーザー層で、製品導入の決定に関わるキーパーソンが多数来場。また総来場者の7%以上がアジア各国からで、アジア圏から注目されている」。
 モバックショウは、最高レベルの品質と信頼性で製パン製菓業界の未来を切り拓く総合専門展として、過去25回の開催実績を有する。製パン製菓産業に必要なあらゆる機械・設備・器具、原材料、資材等が一堂に公開展示されるビジネスショウとして、国内外から高い評価を受けている。
 前回の大阪開催では、海外から2900人以上(うち中国1175人、台湾611人)が来場し、中国語圏のビジネスマンが多数を占めたことから、開催に先駆け3月12日、特別講演会「中国ビジネスセミナー」(講師:大王テクノスM張英社長、演題:「日中ビジネス実例エッセンス〜異なる商習慣での『人』の重要性〜」)を開催すると発表した。

【開催概要】
◇目的:製パン製菓産業に必要なあらゆる機械・設備・器具、原材料・資材、関連情報や各種製法等の公開展示を通じ、新規需要の創出を促し、業界交流の場を提供するとともに、食品産業の発展と豊かな食文化の向上に寄与すること。
◇テーマ:「つながる技術、広がる美味しい笑顔」
◇展示方針:@「 技術」と「素材」が創りだす「おいしさ」の実演 A未来につながる機器、原材料、マーケット情報の発信 B「環境」「安全・安心」「衛生」に配慮した一連の展示
◇主催:協同組合日本製パン製菓機械工業会
◇出品内容:@製パン機械 A製菓機械 B食品加工機械  C製粉機械 D包装機械 E製パン製菓器具 F厨房機器  G冷凍冷蔵機器 H店舗設備 I物流機器J原材料・食材 K冷凍生地 L副資材・包装資材 M分析・検査機器 N安全・衛生管理機材 O環境対策機器 Pエネルギー関連 Q情報処理機器・関連ソフト R工場建設 S専門図書その他の関連産業機械 _その他の関連設備・器具
◇会期:2019年2月20日(水)〜2月23日(土)
◇開場時間:10〜17時
◇会場:幕張メッセ・国際展示場4〜8ホール千葉市美浜区中瀬2-1
◇展示規模:屋内1500小間(予定)
◇入場料:1,000円
◇出品料:1小間290,000円(消費税別)1小間=8.82F(2.97×2.97m)
※早期割引制度:6月30日までに申込金納入の場合、既申込金額の5%を割引。
※連続出品割引制度:前回出品企業1小間につき5,000円を割り引き(一般料金申込みに限る)。
※モバックショウは会を重ねるごとに規模が拡大しているため、今回も締切り前に満小間のおそれがある。事務局は早めの申込みを呼びかけている。

【問合先】
モバックショウ事務局
〒104-0061東京都中央区銀座1-18-2タツビル5F
電話03-6637-4333
FAX03-6637-4568
E-mail:mobac@jbcm.or.jp
日本製パン製菓機械工業会(担当:黒木・有賀・島田・神戸)

前へ戻る