復興 真備パンまつり
1年後の店舗再開誓い実現
困難乗り越え新店舗が始動

BACK

 

 

店舗外観

店舗内の様子

黒毛和牛のカレーパン
 

喜びを声にする由加里夫人

向畑氏

西川氏

 ブーランジェリー パンポルト(戸澤実オーナーシェフ)は7月8日、岡山県倉敷市真備町の店舗を建て直しプレオープンを果たした。同店のオープンを真備町地域復興の起爆剤にしようとする趣旨に賛同した、NPO法人ハートブレッドプロジェクト・Au bon pain Setouchi・ミル・ヴィラージュ渡辺シェフ勉強会・パンポルトのリスタートを支える人々などの協力の下に「復興真備パンまつり」を開催した。

 倉敷市真備町は「平成30年7月豪雨」で、小田川と支流の高馬川などの堤防が決壊し広範囲が冠水。浸水の深さは、南北1km・東西3.5kmの範囲で5mを超え最大で5.4mに達し、浸水範囲は真備町の4分の1にあたる1200haに及んだ。同店は店舗兼自宅が2階まで浸水し、営業休止を余儀なくされた。全国のベーカリー仲間が中心になって支援し、仮設店舗で営業を開始など懸命の努力を続け同日、約1年間のブランクを経て新店舗をオープン。19日にグランドオープンが予定されている。
 「復興真備パンまつり」では、大阪府・兵庫県・岡山県・広島県・台湾(台北)などから著名ベーカリーが集結。パン・菓子製品とともにオーナーシェフも来場し、チャリティー販売が行われた。同催しでの売上金は全額、倉敷市西日本豪雨災害義援金に当てられる。また、Au bon pain Setouchi会員の各店舗で焼成した「一升パン」を展示。「喜びを分かち合って」という想いを込め、切り分けてパン購入者に配られた。一升パンとは、一生に一升を掛けて一生食べ物に困らないよう「一升餅(約2kg)」で子どもの一歳を祝う風習。この一升餅の風習をまねて、餅の代わりにカンパーニュなどの大型パンを利用した「一升パン」があり、パン好きの間で広がりつつある。当日の一升パンには、1日も早い真備町の完全復興と安全、同店の繁栄が祈願されている。
 12時のオープンを前に、同店の再開を祝う人たちが長い列を作った。セレモニーが始まると、復興アーティストの「imim(いむいむ)」がオリジナル曲を披露。続いて、M中国リス食品販売代表取締役社長で世話役代表の向畑雄介氏が「災害から1年が経過した。皆様方の温かい心と支えで、パンポルトさんはリニューアルオープンできた。心から感謝申し上げる」と述べた後、由加里夫人がオープンまでの道のりと今後の抱負を次のように述べた。
 被災当初、1年後にこれまでと同様に店を再開したいと言ったとおり、今日オープンの日を迎えることができた。感謝申し上げる。被災後は頑張り過ぎたこともあり、これからの店では、頑張り過ぎず、無理をせず、自分のできることを一つずつクリアしようと思っている。被災前のようにパンが出せないかも知れず、皆様に迷惑を掛けるかも知れないが、一つ一つを確実に行い長く継続するベーカリーでありたいと思っている。  続いて、同催しの発起人のひとりでサ・マーシュオーナーシェフの西川功晃氏が「全国のベーカリーに向けて、協力し合えばいち早くオープンできるというエネルギーを伝えたい。今日に限らず、真備町のパンをさらに盛り上げる活動を継続したい」と述べ、開場となった。
 imim:2018年4月から車1台で全国の人に歌を届ける「im(いむ)旅」という旅企画を開始。その旅の途中2018年7月6日「平成30年7月豪雨」で被害を受けた真備町に上陸。社会勉強のつもりで行ったボランティア活動だったが「このままでは終われない」「自分たちの音楽がもしかしたら笑顔のきっかけになれるかも知れない」と考え真備町に滞在。現在は復興アーティストとして活動している。
 パン・菓子のチャリティー販売に参加したベーカリーは次のとおり。
ブーランジェリー・ノガミ(台湾・台北)、ブーランジェリーセイジアサクラ(東京都港区)、パンデュース(大阪市北区など)、ミル・ヴィラージュ(大阪府吹田市)、ブーランジェリーミヤタ(大阪府寝屋川市)、ア・ビアント(大阪府豊中市)、サ・マーシュ(神戸市中央区)、はっくるべりー(兵庫県姫路市など)、あこうぱん(兵庫県赤穂市)、エアダール(奈良市)、aozora(岡山市南区)、おちこち(岡山県倉敷市)、麦のひげ(岡山市北区など)、映クラMベーカリー事業部(岡山県倉敷市ほか)ベーカリートングウ、ナンバベーカリー(岡山県総社市)、SOLベーカリー(岡山県里庄町)ル・ロックル/ミッシュ/Sogii[ソギー](広島県福山市)、パン屋航路/サンモルテ(広島県尾道市)、パンドゥパン(広島県三原市)、ベッカライコンディトライヒダカ(島根県大田市)、P菱田ベーカリー(高知県宿毛市)

【ブーランジェリー パンポルト】
▽住所=岡山県倉敷市真備町箭田1174-1
▽アクセス=井原鉄道吉備真備駅徒歩約5分
▽TEL=086-451-2512
▽営業時間=8〜17時
▽定休日=毎週火・水曜日
▽イチ押し商品=自家製カレーフィリングとゴロゴロの黒毛和牛を包んだ甘口の「黒毛和牛のカレーパン」

前へ戻る

チャリティー販売の様子