iba Cup 2021日本代表選手選考会
日本代表はオーヴェルニュ市川美月氏、ぐるぐる栗原淳平氏

BACK

 

 ドイツパン・菓子勉強会(井上克哉会長)は9月28・29日の2日間、東京都世田谷区の専修学校日本菓子専門学校でiba Cup 2021日本代表選手選考会を開催した。

 昨年6月、多数の応募者から予選を勝ち抜いた6名(1名辞退)により日本代表選手選考会が行われた。同選考会は、コロナ禍における感染予防の観点から選手5名、審査員7名、関係者3名の最小人数での開催となり、審査の結果、市川美月氏(ラ タヴォラ デェ オーヴェルニュ)と栗原淳平氏(パン工房ぐるぐる)が日本代表選手の座に輝いた。
 出場選手(敬称略)は、石川光治(東京製菓学校)、岸本章(ブーランジェリーキシモト)、島本大史(ブーランジュリー オーヴェルニュ)、高梨誠(帝国ホテル=会社都合により辞退)。
 審査員は、江崎修氏(同会顧問)、井上会長(ブーランジュリー オーヴェルニュ)、鈴木信明氏(日本菓子専門学校)、大村田氏(ヴアンダラスト)、福井清史氏(ブーランジュリー クルミ)、石井謙太氏(デイジイ)、根岸靖乃氏(Nえん)。
 代表2名は、2021年にドイツで開催予定のiba Cup 2021パン職人部門に参加する。監督は、同会副会長の大村田氏。

前へ戻る

市川氏(左)と栗原氏