KSC Vol.14を共催

BACK

 

 日清製粉グループの日清製粉M(山田貴夫社長)は、社会福祉法人プロップ・ステーション(竹中ナミ理事長)が中心となって2008年に発足した、パティシエ(菓子職人)を目指すチャレンジドを支援するプロジェクト「神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)」を今年度も共催する。
 KSCは「洋菓子発祥の街と言われる神戸からチャレンジドのパティシエを育てよう」と企画された日本で初めての試み。日清製粉はチャレンジドの就労の促進や雇用の創出を目指すプロップ・ステーションの活動に共感し、第1回から同活動を共催している。同プロジェクトでは、有名パティシエから菓子づくりの技術だけではなく、販売につながる知識も学ぶことで、チャレンジドの自立を支援している。
 14年目となる今年度は、普段チャレンジドが菓子づくりに従事している作業所で、講師(パティシエ)による講習を実施する。コロナ禍の状況を鑑み、複数作業所の人に集まってもらう代わりに、その模様を同時配信することで、全国各地の作業所で講習に参加できる。講習の様子は、当日の参加者以外にも閲覧できるよう、後日YouTubeで公開する。

《講習会概要》
第1回講習会6月30日に実施済み
第2回講習会7月15日14時〜16時30分(ワークセンターれすと[東京都多摩市和田1870-2])/永井紀之氏(東京「パティスリーノリエット」)
第3回講習会9月27日調整中(レストランぴぁ[仙台市青葉区本町3丁目8-1-18F])/渡辺靖水氏(仙台「とびばいさ甘座」)
第4回講習会10月20日調整中(街かどマーチcafe[大阪市阿倍野区阪南町1-50-8])/野澤孝彦氏(京都「ホーフベッカライ エーデッガー・タックス」)
※各回の講習会場は変更になる可能性がある。

【問合先】
社会福祉法人プロップ・ステーション内KSC事務局
電話090(7909)1847
Webサイト:http://www.kobesweets.org

前へ戻る

2015年に開発したオリジナル商品