第12回辻静雄食文化賞
オンライン贈賞式

BACK

 公益財団法人辻静雄食文化財団(辻芳樹代表理事)は6月28日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑みて第12回辻静雄食文化賞贈賞式をオンライン(Zoomウェビナー)で開催した。

 第12回を迎える2021年の辻静雄食文化賞は、わさびの歴史を広範に紐解いた食文化の本として優れ、日本固有種のわさびを初めて総合的に論じた点が高く評価された、山根京子氏の著書「わさびの日本史(文一総合出版)」。専門技術者賞は、中国古典料理に関する深い理解と日本の美意識を融合させ、高い技術力を用いて中国料理の新たな世界を切り開いている「茶禅華」エグゼクティブシェフ川田智也氏が選定された。
 贈賞式は次の内容で執り行われた。
▽辻代表理事挨拶▽辻静雄食文化賞選考講評(辻静雄食文化賞選考委員長石毛直道氏)▽贈賞・受賞者挨拶・受賞者インタビュー▽専門技術者賞選考講評(専門技術者賞小委員会委員門上武司氏)▽贈賞・受賞者挨拶・受賞者インタビュー

前へ戻る