子会社の株式譲渡

BACK

 昭和産業M(新妻一彦社長)は、同社100%子会社のM菜花堂(岩手県一関市/河本高伸社長)の全株式を、Mシャトレーゼ(山梨県甲府市/古屋勇治社長)に譲渡した。
[株式譲渡の理由]
 同社では「中期経営計画20ー22」に基づき、冷凍食品事業の強化、再構築を進めている。菜花堂は1999年に設立、岩手県南端の一関市に位置し「人々の健康で豊かな食生活に貢献する」ことを基本理念とする同社グループの一員として、冷凍の和菓子・洋菓子・パン・冷凍生地の製造販売を行い、長年地域に密着し、地域とともに歩んできた。しかし、現在の菜花堂は、商品構成・生産余力・同社生産工場や消費地から離れた立地条件等の観点から、同社および同社グループ企業との間で、将来的なシナジーを生み出すことが難しく、総合的に勘案した結果、同社の持続的成長を支援できる第三者への譲渡が両社にとって最善であると判断し、株式譲渡の検討を進めてきた。
 一方、シャトレーゼは「プレミアム品質の商品を手の届く価格でひとりでも多くの皆様にお楽しみいただけるような、お客様に喜ばれる経営」をモットーとしており、同社および菜花堂の企業理念との親和性は高く、菓子事業で国内外に多数店舗を展開する事業内容、東北地方を今後強化されるとの方向性からも、シャトレーゼの下でビジネスを強化することが、菜花堂の持続的成長と企業価値向上に資すると判断し、菜花堂の全株式を譲渡することとした。

[株式譲渡実行日]
2022年2月1日(予定)
[M菜花堂の概要(2022年1月18日現在)]
▽資本金=50百万円
▽従業員数=64人

前へ戻る