北海道・東北地区包装食パン表示検査会
会員の自主的な表示の改善に役立てる

BACK

 

 

阿部氏

 日本パン公正取引協議会は3月11日、仙台市宮城野区のホテルメルパルク仙台で「令和3年度北海道・東北地区包装食パン表示検査会」を開催した。

 同検査会は、北海道・東北地区で販売されている包装食パンについて、包装食パンの表示に関する公正競争規約に基づき表示の実態を検査し、包装食パンの表示の適正化を図るとともに製パン業の公正な競争を確保するための資料とするもの。検査対象商品は、北海道・東北地区で会員が製造・販売する包装食パン14商品と非会員が販売する6商品の合計20商品。検査員は、一般消費者10名。検査方法は、検査員が検査項目に従い検査対象商品の表示の実態を検査し、その状況や表示に対する検査員の主観による評価を記載する。検査後、意見交換会で検査員から表示に対する意見を聴取し、規約の運用に役立てる。
 当日は、公正取引委員会東北事務所取引課長の大吉規之氏、宮城県環境生活部食と暮らしの安全推進課食品企画班主事の湯澤駿輝氏、一般社団法人全国公正取引協議会連合会専務理事の岡田哲也氏を来賓に迎え、新型コロナウイルス感染症予防対策が万全に施された中での検査会実施となった。
 開催に先立ち、一般社団法人日本パン工業会専務理事で同協議会理事の阿部勲氏が次のように挨拶した。
 パンは、米と並んで私たちの食生活に不可欠な主食になっている。また、不幸にも災害等の発生時においてパンは、そのまま食べられる衛生的な緊急食料としてなくてはならず、製パン業界は社会的使命として対応できるようにしている。そのような中で消費者の期待に応えられるよう、より良い製品を安定的に提供するよう努めている。パンには、他の商品と同様に食品表示法による食品表示基準が設けられており、平成12年から包装食パンの公正競争規約の運用に取り組んでいる。
 製パン企業は、食品表示法や景品表示法等の関連法令、公正競争規約に沿って表示の適正化に努め、消費者の適正な商品選択に役立つよう努力しており、こうした表示が消費者に納得してもらえているのか、どのような評価をされているのかについて、業界全体が関心を集めている。
 本日の検査会は、このような趣旨で開催しているため、消費者の立場として忌憚のない評価や意見・質問を出していただければ幸いに思う。
 続いて、来賓を代表して大吉氏が挨拶した後、同協議会専務理事の木村力氏が公正取引規約と検査方法の説明を行い検査が始まった。
 検査終了後、東日本大震災犠牲者の冥福を祈り1分間の黙祷を捧げ、意見交換会が始まった。
 意見交換終了後には、湯澤氏、岡田氏、大吉氏がそれぞれ講評を述べて終了した。
 検査結果の取扱いと意見交換会における主要な意見等は次のとおり。

《検査結果の取扱い》
 表示検査会の結果をもとに、同協議会専門部会で、今回の検査会に出された20商品の取扱いを検討した結果、全20商品について直ちに不当表示または公正取引規約違反に該当する商品はなかった。なお、非会員1商品について、保証内容重量が表示されていなかったことから、公正取引規約違反には該当しないが、公正取引規約の普及・啓発を図る観点から、表示の適正化を要請した。

《意見交換会における主要な意見等》
▽保存方法について、パンによっては水分量などは異なっているが、どのような場合にどのよう保存したら、いつまでおいしく食べられるか表示できないか。また、消費期限を過ぎた場合の対処方法などについて教えてほしい。
▽アレルギー表示は、一括表示の枠内に表示してあれば、規定上の問題はないと思うが、一括表示とは別に枠外にも表示しているもの、赤字で記載しているもの、文字を大きくしているものなどもあり、分かり易く記載してほしい。
▽栄養成分・熱量の表示について、100g当たりと1枚当たりの表示があった。100g当たりだと都度計量しなければいけないので、1枚当たりの表示にしてほしい。
▽「◯◯入り」など、小麦粉以外の材料が強調してあるものがある。見た目だけではどれくらい入っているか分からないため、表示してあればより強調されて分かり易いのではないか。
▽食パンを買う時には、裏側までほとんど見ないので、何枚切りや消費期限の日付について、高齢者や障がいを持つ人でも見易いようにしてほしい。
▽添加物の表示については、何が添加物なのか分かり難いので、見方を教えてほしい。
▽小麦粉が国内製造となっているが、小麦はアメリカやカナダでは干ばつで収穫量が減り、ロシアのウクライナ侵攻で国際的な流通量が滞っているなど、消費者を脅かすような値上げが行われるのではないかと心配する。
▽「しっとり生食パン」や「本仕込」と表示した商品があった。その根拠が分かり難いので、その理由などが表示してあると消費者にも分かり易い。
 今回検査員から出された意見については、今後公正競争規約を見直す際の参考資料として活用するほか、会員の自主的な表示の改善に役立つよう会員に対し情報として提供した。

前へ戻る

検査の様子

検査の様子

意見交換会の様子