業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<5月31日>
2019年5月講演会
 一般社団法人日本パン技術研究所研究調査部は5月31日、東京都江戸川区のパン科学会館6階講義室で「食品産業における電解水の応用と効果」〜電解水の正しい普及と効果的運用のために〜を演題に、2019年5月講演会を開催する。
 講師は、(一社)日本電解水協会食品委員会副委員長、(公社)日本食品衛生協会HACCP普及指導員でホシザキM営業本部衛生推進係課長の金盛幹昌氏。
▽内容=@一般社団法人日本電解水協会についてA電解水の歴史〜取巻く事象と許認可の流れB電解水とは〜電解水の種類と特徴C次亜塩素酸水(酸性電解水)の殺菌力についてD電解水のHACCPへの応用と効果(一般的衛生管理への応用/重要管理点への応用)E次亜塩素酸水の食品加工への応用▽参加費=正会員・維持会員無料。一般5千円▽定員=80名。先着順、満席になり次第締切

【問合先】
日本パン技術研究所
TEL03-3689-4701(平日9〜12、13〜17時)

<6月4日〜2020年3月24日>
リテイルベーカリー製パン技術教育コース
 一般社団法人日本パン技術研究所は6月4日〜来年3月24日(月に1日を10回実施)の期間、第2回リテイルベーカリー製パン技術教育コースを開催する。

【開催概要】
▽目的=21世紀のリテイルベーカー、今後のリテイルベーカリーの発展に必要とされる技能と理論を持つ製パン技術者を育成し、リテイルベーカリーの発展を支援する
▽対象者=リテイルベーカリーの経営者および従業員
▽時間=10〜18時
▽定員=48名
▽受講料(税込)=会員:162,000円、一般:172,800円※Web会員は会員費用
▽宿泊(先着15名まで)=男性受講者は同研究所藤寮の利用可。64,800円/人、セミナー当日朝夕食事付き、前後泊のみ※入寮外・女性は、同研究所HP記載の近隣ホテルを利用
▽申込方法=申込書に必要事項を記入しFAX(03-3689-7574)または郵送
▽締切=5月20日
《カリキュラム》
6月4日:リテイルベーカリーの製パン理論と実際(日本パン技術研究所井上好文)/25日:原材料の講義と実習1(同原田昌博)/7月9日:リテイルベーカリーならではの製品づくり1(ベッカライブロートハイム明石克彦)/8月20日:原材料講義と実習2・リテイルベーカリーならではの製品づくり2(日本パン技術研究所伊賀大八・山本剛史)/9月17日:リテイルベーカリーならではの製品づくり3(ラトリエ・ドゥブテイユ仁瓶利夫)/10月15日:リテイルベーカリーならではの製品づくり4(同山本剛史)/11月12日:リテイルベーカリーならではの製品づくり5(同根岸靖乃・ナガタユイ)/1月28日:原材料、発酵種、工程条件を工夫したパン作りの理論と実習(同原田昌博)/2月25日:冷蔵発酵の利用によるリテイルベーカリーならではの製パンの合理化1(同井上好文)/3月24日:冷蔵発酵の利用によるリテイルベーカリーならではの製パンの合理化2(同)

【問合先】
日本パン技術研究所
TEL03-3689-7571

<応募締切6月9日>
第14回キリクリームチーズコンクール
 Mアルカンとベル ジャポンMは、菓子に携わるすべてのプロフェッショナルを対象に「第14回キリクリームチーズコンクール」を開催。作品の募集している。
 応募部門は、生菓子、焼菓子、ジュニア、ファクトリーの4部門。最優秀賞受賞者4名にはフランス研修旅行を贈呈。また、各賞受賞者には作品販売時に使用可能な認定ロゴを贈呈。

【コンクール概要】
▽応募資格=菓子に携わるすべてのプロフェッショナル(洋・和菓子・パン職人、料理人、製菓製パンメーカーの商品開発担当者など)。※ジュニア部門以外は経験年数不問。ジュニア部門は2019年6月9日時点で経験年数3年未満(年齢不問)とする。※応募作品数は各部門1人2点まで。複数部門に応募可。代理人による応募は無効。
▽応募方法=専用応募用紙に所定の項目を全て記入し、必ず作品の全体とカット断面の写真を貼付する。
▽応募締切=6月9日(当日消印有効)。
▽審査=書類審査(第1次審査):応募作品の中から各部門5作品ずつ合計20作品を書類審査通過作品として選出。応募者全員に7月上旬までに結果を連絡。/最終審査:8月7日、日本菓子専門学校(東京都世田谷区上野毛)。実技審査・試食審査・プレゼンテーションで受賞者を決定。但しファクトリー部門は当日完成した作品を最終審査会場に持ち込み、試食審査・プレゼンテーションで決定。
▽賞=最優秀賞:各部門1名、銀賞:各部門1名、銅賞:各部門1名。※第1次審査通過作品の画像・出版物、ルセット及び商品化における著作権使用権は主催者に帰属する。※受賞作品は後日、主催両社のWebサイト、パンフレットなどを通じ広く紹介。
▽その他=希望者には、試作用サンプルとして1人につき「キリクリームチーズ」1lgを提供。@名前A送付先BTELC勤務先を明記しFAX(Mアルカン:03-3664-6556)まで申し込む。

【応募用紙請求・問合先】
〒103-0014東京都中央区日本橋蛎殻町1-5-6盛田ビルディング
Mアルカンキリクリームチーズコンクール係
TEL03-6861-6106
FAX03-3664-6556
キリクリームチーズコンクール特設サイトページ:https://www.arcane.co.jp/kiri-contest/

<6月11日>
クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジュリー2020
日本代表選手応援講習会
【講習会概要】
▽日時=6月11日10〜16時
▽場所=日本パン技術研究所(東京都江戸川区西葛西6-19-6)
▽講師=パン部門:二宮茂彰氏 (帝国ホテル)、ヴィエノワズリー:津田宜季氏(神戸屋)、飾りパン:勝海遥平氏(東京ポンパドウル)、ゲスト:歴代代表選手他
▽定員=100名(定員になり次第締切)
▽会費=8,000円(昼食付/当日会場で徴収)、取材は昼食代2,000円
▽申込方法=申込書に氏名・領収書宛名・当日連絡先電話番号・予約受付表送付先FAX番号を記入し、送信する。

【申込・問合先】
〒101-0032東京都千代田区岩本町3-9-9-4Mパンニュース社内
日本フランスパン友の会事務局、担当/岸伸子
TEL03-3862-6041、FAX03-3864-0087
キリクリームチーズコンクール特設サイトページ:https://www.arcane.co.jp/kiri-contest/

<6月15日まで>
創業50周年記念コンテスト
 Mポンパドウルは、2019年11月29日に創業50周年を迎える。これを記念して子供たちが描く「ミライのパン」コンテストと「私とパンのエピソード」コンテストをHP上で開催。作品を募集している。

【「ミライのパン」コンテスト】
▽期間=6月15日まで
▽テーマ=「あなたが想像する未来のパン(食べてみたいパン、作ってほしいパン)」
▽応募資格=未就学児〜高校3年生
▽応募方法=絵と説明をデジタルカメラやスマートフォン等で撮影し必須項目を入力して専用ホームで受付。絵の大きさや方法に指定はなし。未就学児の場合、保護者が入力
▽賞品=優秀賞2名:絵画をもとに記念賞品を開発し11月に全店で新商品として発売。3,000円相当のパンを1年間毎月プレゼント(冷凍で宅配)、入賞10名:3,000円相当のパンを1回(同)、参加賞500名:ポンパドウル全店で使える500円券プレゼント。当選は賞品の発送をもってかえる
▽応募規程=応募作品は1人1作品。応募作品に関する権利は応募と同時にポンパドウルに帰属する。応募作品は同社HPに記載する場合がある。応募者の個人情報は同コンテストの運営目的以外に使用しない

【「私とパンのエピソード」コンテスト】
▽期間=6月15日まで
▽テーマ=ポンパドウルの店舗や商品についての思い出
▽応募資格=制限なし
▽応募方法=HP専用ページより必須事項を入力。心に残るエピソードを文章(200〜800文字)または写真(パンや店舗を撮影したもの/簡単な説明を添えて)を応募
▽賞品=優秀賞2名:エピソードより思い出のパンを復刻し全店で販売。3,000円相当のパンを1年間毎月プレゼント(同)、入賞10名:3,000円相当のパンを1回プレゼント(冷凍で配送)、参加賞500名:ポンパドウル全店で使える500円券プレゼント。当選は賞品の発送をもってかえる
▽応募規程=同

【問合先】
ポンパドウル創業50周年事務局(Mエリアドライブ内)
TEL045-534-3100
Mail:jimukyoku50th@pompadour.co.jp
50周年記念サイトURL:https://www.pompadour.co.jp/50th/index.html

<7月9〜12日>
FOOMA JAPAN 2019
 一般社団法人日本食品機械工業会(海内栄一会長)は7月9〜12日の4日間、東京ビッグサイト西展示棟1〜4ホール・アトリウム/南展示1〜4ホールで、FOOMA JAPAN 2019国際食品工業展(2019International Food Machinery & Technology Exhibition)を開催する。

【開催概要】
▽目的=食品機械・装置および関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとし、「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案する。
▽テーマ=食の技術のニッポン力(りょく)。
▽時間=10〜17時
▽後援=経済産業省/農林水産省/厚生労働省/東京都/日本貿易振興機構など予定

【申込・問合先】
FOOMA JAPAN 2019運営事務局
〒108-0023東京都港区芝浦3-19-20ふーまビル3F
TEL03-6809-3745
FAX03-6809-3746(受付時間:9時〜17時30分)
公式サイト:www.foomajapan.jp

<7月22〜24日>
第8回P&B JAPAN
【開催概要】
▽会期=7月22〜24日
▽会場=東京ビッグサイト青海展示棟Bホール(東京都江東区青海1丁目2番33)
▽主催=P&B JAPAN実行委員会(日本イージェイケイM内)
▽入場料=3,000円(事前登録者・招待券持参者は無料)
▽来場予定者数=30000人
▽URL=http://www.bakery-expo.com
【出展社募集】
▽締切=4月30日(会場が埋まり次第終了)
▽出展料金=スペースのみ税込350,000円/1小間(3×3m)、追加オプション:@スタンダード装飾同90,000円/1小間(同)A角小間同21,600円/1角
《企画趣旨》
特定ジャンル毎に区分けされた6つのパビリオンで、目的に合わせた来場者が見込め効率的に出展ブースへ誘引。特に「機能性&健康食品素材パビリオン」では、新しい可能性を引き出す機能性&健康食品素材で製菓・製パン業界に新機軸を提案する。パビリオン:和風惣菜、ハム&チーズ、機能性&健康食品素材、冷凍パン生地・季節イベント・カフェ喫茶コーナー
《イベント》
全日本パン協同組合連合会パングランプリTOKYO2019、カリスマシェフによる実演ステージ(神戸サマーシュ西川シェフ/ビアンキュイ児玉シェフ)、日本低糖質パン協会・ピュラトスジャパンによるセミナー、その他企画の詳細は決定次第公式サイトで案内

【問合先】
P&B JAPAN展示会事務局
TEL03-6459-0444

<8月26〜27日>
ヨーロッパのイノベイティブなベーカリーセミナー 東京
【開催概要】
▽時間=2日間とも9〜17時(予定)
▽募集=80名
▽費用=2万8千円(税込/2日間の昼食飲料付)※参加キャンセルの場合でも入金後の返金は出来ない(代理出席で調整要)。なお、2日連続の都合がつかない場合、1日ずつ2日間の交代参加可
▽通訳=塚田将也氏(Mドゥ・カリテ代表取締役社長)
▽デモ品目=高品質と合理的な生産法を追求したアイテム:カンパーニュニュトゥリティフ、トゥリゴデューロ、トゥルトドムルタイプ80、エスペルタブランカ、バゲットトラディション、カムットイ エスペルタ、パンデカスタニャ、パンファンテジー、フーガスデトマテエメンタル、サンテノ/人気の菓子パン・発酵菓子:クロワッサン オランジュ、クロワッサン ピスタシュ、パンオショコラジャンドゥージャジヴァラ、グルマングリオッテーヌ、ランゴショコオランジュ、ドゥスールブリオッシュノワゼット、ブリオッシュトゥショコラ
▽申込方法=可能であればホームページ[かんたん入力フォームから(http://www. jibt.com)]で申込む。インターネット環境がない場合は、専用申込用紙に必要事項を記入し、FAX03-3689-7574に送信。申し込み後10日以内に確認FSX(又はメール)を送信。後日、受講案内書と指定口座を記した請求書を発送。指定口座に振込・入金で申込完了

【問合先】
〒134-0088東京都江戸川区西葛西6-19-6
日本パン技術研究所
電話03-3689-7571

<8月29〜30日>
ヨーロッパのイノベイティブなベーカリーセミナー 大阪
【開催概要】
▽時間=2日間とも9〜17時(予定)
▽募集=60名
▽費用=2万8千円(税込/2日間の昼食飲料付)※参加キャンセルの場合でも入金後の返金は出来ない(代理出席で調整要)。なお、2日連続の都合がつかない場合、1日ずつ2日間の交代参加可
▽通訳=塚田将也氏(Mドゥ・カリテ代表取締役社長)
▽デモ品目=高品質と合理的な生産法を追求したアイテム:カンパーニュニュトゥリティフ、トゥリゴデューロ、トゥルトドムルタイプ80、エスペルタブランカ、バゲットトラディション、カムットイ エスペルタ、パンデカスタニャ、パンファンテジー、フーガスデトマテエメンタル、サンテノ/人気の菓子パン・発酵菓子:クロワッサン オランジュ、クロワッサン ピスタシュ、パンオショコラジャンドゥージャジヴァラ、グルマングリオッテーヌ、ランゴショコオランジュ、ドゥスールブリオッシュノワゼット、ブリオッシュトゥショコラ
▽申込方法=可能であればホームページ[かんたん入力フォームから(http://www. jibt.com)]で申込む。インターネット環境がない場合は、専用申込用紙に必要事項を記入し、FAX03-3689-7574に送信。申し込み後10日以内に確認FSX(又はメール)を送信。後日、受講案内書と指定口座を記した請求書を発送。指定口座に振込・入金で申込完了

【問合先】
〒134-0088東京都江戸川区西葛西6-19-6
日本パン技術研究所
電話03-3689-7571


ベーカーズタイムス最新号へBACK