業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<5月15日〜2019年3月26日>
リテイルベーカリー製パン技術教育コース
【開催概要】
▽目的=21世紀のリテイルベーカー、今後のリテイルベーカリーの発展に必要とされる技能と理論を持つ製パン技術者を育成し、リテイルベーカリーの発展を支援する
▽対象者=リテイルベーカリーの経営者および従業員
▽時間=10〜18時
▽定員=48名
▽受講料(税込)=会員:162,000円、一般:178,000円※Web員は会員費用で参加できる
▽宿泊(先着15名まで)=男性受講者は同研究所藤寮の利用可。64,800円/人、セミナー当日朝夕食事付き、前後泊のみ※入寮できなかった人・女性は同研究所HP記載の近隣ホテルを利用
▽申込方法=申込書に必要事項を記入しFAX(03-3689-7574)または郵送
▽締切=5月1日
《カリキュラム()内は講師名[敬称略]》
5月15日:リテイルベーカリーの製パン理論と実際(日本パン技術研究所井上好文)
6月5日:原材料の講義と実習1(日本パン技術研究所原田昌博)
7月10日:リテイルベーカリーならではの製品づくり1(ベッカライブロートハイム明石克彦)
8月21日:原材料講義と実習2・リテイルベーカリーならではの製品づくり2(日本パン技術研究所伊賀大八・山本剛史)
9月18日:リテイルベーカリーならではの製品づくり3(ラトリエ・ドゥブテイユ仁瓶利夫)
10月23日:リテイルベーカリーならではの製品づくり4(日本パン技術研究所山本剛史)
11月13日:原材料、発酵種、工程条件を工夫したパン作りの理論と実習(日本パン技術研究所原田昌博)
1月29日:リテイルベーカリーならではの製品づくり5(日本パン技術研究所根岸靖乃・ナガタユイ)
2月26日:冷蔵発酵の利用によるリテイルベーカリーならではの製パンの合理化1(日本パン技術研究所井上好文)
3月26日:冷蔵発酵の利用によるリテイルベーカリーならではの製パンの合理化2(同)

【問合先】
日本パン技術研究所03-3689-7571

<締切2019年3月31日>
JAPAN PACK 2019出展社募集
 一般社団法人日本包装機械工業会(大森利夫会長)は2019年10月29日〜11月1日の4日間、幕張メッセ(国際展示場)で「きっとみつかるあなたの包程式」をテーマに、アジア最大級の『包む』にまつわる総合展「JAPAN PACK 2019」を開催する。
 同展は、国内外の包装業界と関連産業の最新鋭機械や技術、システムなどが一堂に集結する展示会で、2年に一度開催されている。会場内では、出展各社の製品展示やデモンストレーションだけでなく、出展社プレゼンテーション、基調・特別講演会、JAPAN PACK AWARDSなど出展社と来場者を結び付ける多彩な行事も併催し、グローバルなビジネスマッチングの場として好評を博している。
 開催に先立ち、9月13日より出展社の募集を開始した。募集対象は、第1類:包装機械/荷造機械、第2類:包装材料加工機械、第3類:包装用ロボット/包装関連機器/検査機・検出機、第4類:コンポーネント/環境関連機器/流通関連機器・サービス、第5類:食品加工機械/関連機器、第6類:医薬・化粧品関連機械、第7類:包装資材、第8類:プラントエンジニアリングシステム、第9類:団体PR/プレス/研究機関/その他の9分野で、締切は2019年3月31日。
 32回目を迎える今回は、前回(445社/2342小間)を上回る規模での展開を目標にしている。

<2019年1月26〜30日>
シラ国際外食産業見本市2019
 シラ国際外食産業見本市2019が2019年1月26〜30日の期間、フランス・リヨンで開催。入場チケット事前登録が始まった。19回目を迎えた今回は、141,000Fの会場に約3000の企業やブランドが出展。12のセクターで出展社が消費者の新しいライフスタイルや要望に応える幅の広いバリエーションに富んだ提案を行う。シラの強みは、豊富な内容とフレンドリーなエスプリを持ったBtoBの見本市であること。現在と未来のガストロノミーを代表する著名なプレイヤーたちが、世界の最も重要なシェフたちと出会い、意見交換をするために来場する。

【問合先】
シラ国際外食産業見本市日本事務局
エス・ビー・エイM、担当/西村
TEL03-3431-9731
URL:sirha-japan@sbaltd.com

<2019年1月27〜30日>
ism2019/ケルン国際菓子専門見本市2019
【開催概要】
▽会期2019年1月27〜30日
▽開催時間=連日9〜18時
▽会場=ドイツ連邦共和国ケルンメッセ会場
▽入場資格=専門業者
▽出展対象商品=チョコレート、キャンディー、スナック菓子、アイスクリーム、原材料、店舗備品など

【問合先】
ケルンメッセM
〒150-0013東京都渋谷区恵比寿1-13-6恵比寿ISビル5階
TEL03-5793-7770
FAX03-5793-7771
kmjpn@koelnmesse.jp

<2019年2月11〜15日>
第11回冷凍生地アドバンスコース
【開催概要】
▽開催日=2019年2月11〜15日(連続5日間)
▽目的=冷凍生地の基礎理論から応用技術まで、諸条件の違いによる品質変化を科学的に把握し、各種冷凍生地製法の特徴およびこれらを用いた様々な利用技術を習得する。さらに、これらの応用技術によるパンの品質維持とともに、より合理的なベイクオフスタイルを追求する
▽受講対象者=中級の製パン技術を習得した人、製パン技術教育コース(本科100日間)卒業生、および同等レベルの製パン技術を持ち、高度な冷凍生地利用技術の習得を目指したい人
▽定員=最大30名(先着順)
▽受講料=会員118.800円(税込・昼食付き)、一般129,600円(同)
▽入寮費=32,400円(朝夕食事付き、先着15名まで男性のみ)
▽申込方法=申込書に必要事項を記入しFAXで開催日の2週間前までに申込む。

《コース内容と講師》
▽1日目=製パン基礎理論と冷凍生地製法における問題発生メカニズムの解説(日本パン技術研究所/伊賀大八氏)、新しい冷凍耐性酵母について(オリエンタル酵母工業古川周平氏を予定)など。
▽2日目=フロアタイム条件が成形冷凍生地の熟成と安定性に及ぼす影響など(日本パン技術研究所/山本剛史氏・伊賀大八氏)
▽3日目=パーベイク製品の製造実習、輸入市販冷凍生地の焼成評価
▽4日目=ホイロ後冷凍生地の製造実習・温度制御プログラム焼成(山本氏・伊賀氏)
▽5日目=ベーカリー製品の真空冷却技術とくにベイクオフに特化して、冷凍生地に使用される生地改良成分について(伊賀氏)

【問合先・申込先】
一般社団法人日本パン技術研究所
担当/伊賀
電話03-3689-7571
FAX03-3689-7574

<2019年2月13〜15日>
第53回スーパーマーケット・トレードショー2019
 一般社団法人新日本スーパーマーケット協会は2019年2月13〜15日の期間、幕張メッセ全館でスーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第53回スーパーマーケット・トレードショー2019」と「デリカテッセン・トレードショー2019」を開催する。

《デリカテッセン・トレードショー主催者企画》
◇お弁当・お惣菜大賞2019=スーパーマーケットやコンビニエンスストア、専門店等で実際に販売されている数多くの弁当・惣菜・サラダ・パン等の中から、食の専門家で構成された審査員により、特に優れた商品を選出し表彰。優れた商品を讃えることにより、担当者のモチベーションアップとデリカ部門のレベルアップを図ることを目的とするプログラム。2017年10月以降に販売された商品を対象に6月1日よりエントリーを開始した。
◇デリカスタディ=デリカに関する情報提供の場を求めるニーズに応えるために、デリカテッセン・トレードショーの開催日だけでなく、年間を通して勉強会「デリカスタディ」を開催し、売れるメニューの提案や課題共有を図っている(年間4回開催)。テーマは、2018年の食市場のトレンド、グローサラント、商品づくり(仮)、人手不足下の人材育成(仮)等を予定。
◇惣菜デリ最前線2019=前回好評だった情報誌「惣菜デリ最前線2019」を発刊し、会場出入口やお弁当・お惣菜大賞ブースで無料配布。業界動向やトレンド、各小売店の取り組みレポート等などこの業界で求められている情報をとりまとめた一冊となる。

<2019年3月中旬まで>
 「おとな旅・神戸」実行委員会(一般財団法人神戸観光局・神戸市・兵庫県・神戸商工会議所ほか)は2019年3月中旬まで、神戸らしさを存分に堪能できる「まち歩き」や「体験」プログラムを展開する「おとな旅・神戸」2018年プログラムを開催している。
 2013年度にスタートし8回目となる今回は、南京町生誕150年を記念したまち歩きプログラム、神戸を代表するスターシェフが名を連ねる「HYOGOシュトレンの会」とのコラボレーションなど、新登場の41プログラムを含む全68プログラム93本を用意した。
 神戸には、六甲山や瀬戸内海の豊かな自然、美しい景観を有する港、異国情緒あふれる街並み、日本最古の温泉である有馬温泉、灘の酒蔵など、魅力的な観光資源が豊富。そんな「神戸ならでは」の「特別感のある」まち歩きや体験プログラムを実施しているのが「おとな旅・神戸」。神戸の有名スポットに眠るストーリーや、あまり知られていないディープでこだわりのある過ごし方なども紹介し、神戸の楽しみ方を知り尽くした市民アドバイザーとともに、神戸らしさ溢れる心に残る上質な体験を提供している。

【プログラム実施概要】
▽実施エリア=神戸市内全域
▽ねらい=熱烈な神戸ファンの獲得によるリピーターの確保及び口コミ等による更なる誘客/アクティブシニア層の獲得/「おしゃれなまち神戸」の新たな楽しみ方の発信/地域の多様な人や組織が参画することによる地域経済の活性化/新たな神戸の魅力発掘による市民の地域への愛着の深化/交流促進によるまちの賑わいの創出/都市イメージの更なる向上
▽コアターゲット=アクティブシニアの女性
▽公式サイト=https://kobe-otona.jp/

【問合先】
「おとな旅・神戸」運営事務局
TEL078-599-7110、FAX078-332-2506(平日9時30分〜18時、但し12月29日〜1月4日除く)


ベーカーズタイムス最新号へBACK