業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<11月24〜26日>
アグリビジネス創出フェア2021
 アグリビジネス創出フェア2021は、全国の産学機関が有する、農林水産・食品分野などの最新の研究成果を展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し、研究機関間や研究機関と事業者との連携を促す技術交流展示会。
 今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ソーシャルディスタンスに配慮した上で、展示場所のスペースの確保や会場の換気、事前の入場者登録、オンラインサイト(9月頃にオープン予定)を活用した情報発信も行う。

《開催概要》
▽開催期間=11月24〜26日(オンラインサイトは開催後も1カ月程度閲覧可能)
▽会場=東京ビッグサイト青海展示棟(東京都江東区青海1丁目2番33号)
▽開催テーマ=スマート農林水産業〜持続可能な社会とアグリビジネス〜
▽主催=農林水産省
▽ホームページ=https://agribiz.maff.go.jp/(外部リンク)  また、同フェアは、出展・プレゼンテーション発表等を通じて、最新の研究成果を広くPRすることにより、新たに連携する機関を見つける機会を設けている。

【問合先】 農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室、担当/谷・橋本・松本
代表電話03-3502-8111(内線5898)、FAX03-3593-2209

<2022年2月16〜18日>
第56回スーパーマーケット・トレードショー2022
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会は2022年2月16〜18日の3日間、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第56回スーパーマーケット・トレードショー2022(SMTS2022)」および「デリカテッセン・トレードショー2022(DTS2022)」を千葉市美浜区の幕張メッセ全館で開催する。

 現在もコロナ禍により多くの商談機会が失われ、経済への深刻な打撃が懸念される中、感染症対策を行うことでリスクを最小限に抑えながら開催。
《SMTS2022新企画》
 食のトレンドと商品を提案する「食のトレンドゾーン」。今回は2つのテーマを取り上げる。@美と健康×食(美しく健康的なココロとカラダづくりに役立つ商品)Aサステナビリティ×食(サステナビリティ(持続可能性)に配慮した商品)
 リモート出展企画「TRY NEW!〜新商品をためそう・体験しよう〜」
《DTS2022注目ポイント》
 メディアへの掲載実績多数の主催者企画「お弁当・お惣菜大賞2022」
 オンラインを活用しながら通年で開催中「デリカスタディ(デリカに関する勉強会)」
《開催概要》
▽開催時間=SMTS2022/DTS2022共通:10〜17時※最終日は16時まで
▽入場=同:業界関係者のみの招待制
▽主催者企画=SMTS2022:てづくりNIPPON(日本酒、焼酎、クラフトビール、日本ワイン、ウイスキー)、食の安心・安全対策、オンラインセミナー
▽合同開催=第17回こだわり食品フェア2022(主催:一般財団法人食品産業センター)

<2022年3月22〜24日>
シアル・アメリカ
 米エメラルド・ホールディングと仏コメクスポジウム社は6月23日、強固なパートナーシップを結び、新しい見本市「シアル・アメリカ(SIAL AMERICA)」をローンチすることをニューヨークーで発表。日本からの出展企業を募集している。
 世界的なイベントオーガナイザーであり、人気の国際食品見本市「シアル(SIAL)」ブランドを確立したコメクスポジウム社は、ライブイベントと様々なメディアを統合するという手法を用いた市場主導型のBtoBプラットフォームを提供するエメラルド社と協業し、1.5兆USドル規模の食品・飲料市場をサポートする初の大型総合食品イベントをプロデュースする。
 シアル・アメリカの記念すべき第一回展は、2022年3月22〜24日にラスベガス・コンベンション・センターで、エメラルド社が主催するインターナショナル・ピザ・エクスポとインターナショナル・アーティザン・ベーカリー・エクスポの2つの国際見本市と共催する形で行われる。
 シアル・アメリカの出展カテゴリーには、オーガニック&ウェルネス食品、飲料、グロッサリー、スイーツ&ベーカリー、フルーツ&ベジタブル、シーフード、乳製品、冷凍食品、スナックや肉類などが含まれている。公式サイト:www.sialamerica.com

<2022年1月27・28日>
第48回段ボール包装設計実習コース
【開催要領】
▽日時/内容/会場=1月27日13時〜17時30分/段ボールの特性や包装設計に必要な基礎知識の他/ハートンホテル北梅田(大阪北区豊崎3ー12ー10)、28日9時30分〜17時/段ボール箱の最適設計/アイロップM包装技術部試作室・試験室(大阪市淀川区塚本3ー6ー9)
▽対象=各企業包装部門担当者、将来の段ボール包装設計従事者、包装資材・包装機器関連業者の営業・企画・開発・研究部門担当者
▽定員=16人(定員になり次第締め切り)
▽参加費=日本包装技術協会会員:44,000円(消費税・テキスト代・昼食代含む)、一般:56,100円(同)
▽申込締切日=1月14日
▽申込方法=参加申込書に必要事項を記入し申し込む。申込受付後、請求書および実施要領(含諸注意事項)を送付。締切日以降の参加取消しの場合、参加費の返金はできない。代理の参加は可。参加申込後の無断欠席は不可

【問合先】
公益社団法人日本包装技術協会関西支部、担当/多林・三中
〒550ー0014大阪市西区北堀江1ー1ー27イマイビル4階
TEL06(6532)1189
FAX06(6532)1179

<2022年6月7〜10日>
FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)
《開催概要》
▽目的=食品機械・装置および関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとし「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案する。
▽会期=2022年6月7〜10日[10〜17時]の4日間
▽会場=東京ビッグサイト東1〜8ホール
▽テーマ=Restart FOOMA
▽主催=一般社団法人日本食品機械工業会
▽後援=経済産業省/農林水産省/厚生労働省/東京都など(予定)


ベーカーズタイムス最新号へBACK