業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<応募締切5月6日(当日消印有効)>
第5回クラウンメロンクリームパンコテスト
【応募要項】
▽応募条件=@友栄食品製のクラウンメロを使用したクリーム(FPクラウンメロン)を使用していることAパンメーカーあるいはベーカリーの従業員であることB受賞レシピ作品は公開を条件とする(コンテト結果を公開/レシピ・写真は返却しない)C1次審査及び2次審査通過者は実物を指定期限までに同社宛に冷凍で送付すること(送料同社負担)D静岡県袋井市で行う表彰式(6月6日)に本人あるいは代理が出席できること(交通費同社負担)
▽審査ポイント=1次審査は、レシピと写真から基本条件の確認と「クラウンメロパンとして独自性があるか」について審査。2次審査及び最終審査は、実物を見て消費者目線で「クラウンメロンクリームを使ってクラウンメロンを生かした素晴らしい製品になっているか」の視点で審査(アイデア・味・外観・食感などで評価)。※パンは「メロンパン」である必要はない
▽応募方法=@応募用紙に必要事項を正確に記入し写真2枚(外観/カット面)を貼り、郵送でコンテスト事務局まで送付する。応募締切:5月6日(当日消印有効)A同社HP(http://www.tomoenet.co.jp)から応募用紙をダウンロードできる。B複数作品応募の場合は規定用紙をコピーして使用する
▽審査・発表=1次審査(書類):5月9日(審査結果は翌日郵送予定)、2次審査(実物審査):5月23日(入賞3作品を決定/審査結果は翌日郵送予定)、最終審査(一般投票)&表彰式:6月6日(静岡県袋井市内[未定])で開催されるクラウンメロンイベント会場)/一般来場者による投票で最優秀作品決定(交通費同社負担)
▽賞=最優秀賞1名:10万円+クラウンメロン2個/袋井市長、優秀賞2名:5万円+クラウンメロン1個/名

【応募用紙送付・問合先】
〒538-0041大阪市鶴見区今津北3-5-20友栄食品興業M企画部クラウンメロンクリームパンコンテスト事務局

<1次予選エントリー締め切り:6月20日>
モンデュアル・デュ・パン日本代表選考会
最優秀若手ブーランジェ コンクール
【選考会の流れ】
◇1次予選エントリー締め切り:6月20日
▽参加資格=日本国籍を有し、2018年1月1日時点で25歳以上かつ、パン作り5年以上の職業経験のある人
▽参加手続き=参加費6,000円を振込の上、振込証のコピーを、氏名、生年月日(西暦)、自宅住所(郵便番号要)、勤務先、TEL、FAX、メールを記入した申込用紙に貼付してレ・アンバサドール・デュ・パン・ド・ジャポンまで郵送(後記)またはFAX(06-6774-5087)。エントリー受付後、1次予選の要項を送る※最終予選の3日間と日本代表に選出された場合の講習会・練習、本大会などで数日間の時間調整が必要
◇1次予選課題郵送到着指定日:7月2日(冷凍便でAM必着)
▽課題パン=@バゲット(焼き上がり250g±10g×3本)Aクロワッサン(焼き上がり65g±5g×5個)Bパンスペシオ(400g±10g×3個)Cヴィエノワズリー(焼き上がり90〜100gまで×5個)※各製品レシピとプロフィールを提出(送付先とレシピ・プロフィールの書式等はエントリー受付後、1次予選の要項と併せて送る)
◇1次予選選考会:7月3日
▽審査方法=課題パン、書類による審査
◇1次予選通過者発表:7月10日
▽発表=郵送(7月10日以降に発送)
◇最終予選選考会:10月23〜25日
▽会場=インテックス大阪で開催される「ファベックス関西2018」

 また、両団体は「第2回最優秀若手ブーランジェコンクール」を開催する。
【コンクールの流れ】
◇1次予選エントリー締め切り:6月20日
▽参加資格=日本国籍を有し、2018年1月1日時点で22歳未満で最終予選会に出場できる人
▽参加手続き=参加費3,000円を振込の上、振込証のコピーを、氏名、生年月日(西暦)、自宅住所(郵便番号要)、勤務先、TEL、FAX、モンデュアル・デュ・パン日本代表アシスタントに選出された場合の参加意志(講習会、本大会などで数日間の時間調整が必要であるため勤務先オーナーなどの承諾書の提出が必要)、メールを記入した申込用紙に貼付してレ・アンバサドール・デュ・パン・ド・ジャポンまで郵送(後記)またはFAX(06-6774-5087)。エントリー受付後、1次予選の要項を送る
◇1次予選課題郵送到着指定日:7月2日(冷凍便でAM必着)
▽課題パン=@バゲット(焼き上がり250g±10g/全体・断面・横割りの写真とレシピ提出)Aクロワッサン(焼き上がり65g±5g/全体・縦割りの写真とレシピ提出)Bパンスペシオ(400g±10g/全体の写真とレシピ提出)※各必要書類とプロフィールを提出(送付先とレシピ・プロフィールの書式等はエントリー受付後、1次予選の要項と併せて送る)
◇1次予選選考会:7月3日
▽審査方法=課題パンの写真、書類による審査
◇1次予選通過者発表:7月10日
▽発表=郵送(7月10日以降に発送)
◇最終予選選考会:10月23〜25日
▽会場=インテックス大阪で開催される「ファベックス関西2018」

【申込用紙送付先(共通)】
丸仁商事M尼崎支社 中野
〒660-0805兵庫県尼崎市西長洲町2-24-13
TEL06-6481-7577

【問合先(共通)】
TEL090-2049-1113
FAX06-6774-5087
担当/安倍

<5月15日〜2019年3月26日>
リテイルベーカリー製パン技術教育コース
【開催概要】
▽目的=21世紀のリテイルベーカー、今後のリテイルベーカリーの発展に必要とされる技能と理論を持つ製パン技術者を育成し、リテイルベーカリーの発展を支援する
▽対象者=リテイルベーカリーの経営者および従業員
▽時間=10〜18時
▽定員=48名
▽受講料(税込)=会員:162,000円、一般:178,000円※Web員は会員費用で参加できる
▽宿泊(先着15名まで)=男性受講者は同研究所藤寮の利用可。64,800円/人、セミナー当日朝夕食事付き、前後泊のみ※入寮できなかった人・女性は同研究所HP記載の近隣ホテルを利用
▽申込方法=申込書に必要事項を記入しFAX(03-3689-7574)または郵送
▽締切=5月1日
《カリキュラム()内は講師名[敬称略]》
5月15日:リテイルベーカリーの製パン理論と実際(日本パン技術研究所井上好文)
6月5日:原材料の講義と実習1(日本パン技術研究所原田昌博)
7月10日:リテイルベーカリーならではの製品づくり1(ベッカライブロートハイム明石克彦)
8月21日:原材料講義と実習2・リテイルベーカリーならではの製品づくり2(日本パン技術研究所伊賀大八・山本剛史)
9月18日:リテイルベーカリーならではの製品づくり3(ラトリエ・ドゥブテイユ仁瓶利夫)
10月23日:リテイルベーカリーならではの製品づくり4(日本パン技術研究所山本剛史)
11月13日:原材料、発酵種、工程条件を工夫したパン作りの理論と実習(日本パン技術研究所原田昌博)
1月29日:リテイルベーカリーならではの製品づくり5(日本パン技術研究所根岸靖乃・ナガタユイ)
2月26日:冷蔵発酵の利用によるリテイルベーカリーならではの製パンの合理化1(日本パン技術研究所井上好文)
3月26日:冷蔵発酵の利用によるリテイルベーカリーならではの製パンの合理化2(同)

【問合先】
日本パン技術研究所03-3689-7571

<5月16〜18日>
リテイルベーカリー製パン技術教育コース
【開催概要】
▽展示規模=450社、750小間(予定)
▽来場者数=34000人(同)
▽出展対象品目=ifia Japan 2018(一般食品メーカーを中心にした商談):酸味料、甘味料、乳化剤、多糖類及び増粘剤・ゲル化剤、調味料、香料、着色料、保存料及び日持ち向上剤、酸化防止剤、酵素、スターターカルチャー・バイオ技術、酵母・乳酸菌、強化剤、品質改良剤、その他の食品製造用添加物など、HFE JAPAN 2018(健康・栄養食品メーカーを中心にした商談):健康食品、サプリメント、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブ、美容・ダイエット食品、特定保健用食品、栄養機能食品、自然食品・オーガニック食品・有機栽培野菜など「健康」を訴求した商品全般


ベーカーズタイムス最新号へBACK