業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<5月15日〜2019年3月26日>
リテイルベーカリー製パン技術教育コース
【開催概要】
▽目的=21世紀のリテイルベーカー、今後のリテイルベーカリーの発展に必要とされる技能と理論を持つ製パン技術者を育成し、リテイルベーカリーの発展を支援する
▽対象者=リテイルベーカリーの経営者および従業員
▽時間=10〜18時
▽定員=48名
▽受講料(税込)=会員:162,000円、一般:178,000円※Web員は会員費用で参加できる
▽宿泊(先着15名まで)=男性受講者は同研究所藤寮の利用可。64,800円/人、セミナー当日朝夕食事付き、前後泊のみ※入寮できなかった人・女性は同研究所HP記載の近隣ホテルを利用
▽申込方法=申込書に必要事項を記入しFAX(03-3689-7574)または郵送
▽締切=5月1日
《カリキュラム()内は講師名[敬称略]》
5月15日:リテイルベーカリーの製パン理論と実際(日本パン技術研究所井上好文)
6月5日:原材料の講義と実習1(日本パン技術研究所原田昌博)
7月10日:リテイルベーカリーならではの製品づくり1(ベッカライブロートハイム明石克彦)
8月21日:原材料講義と実習2・リテイルベーカリーならではの製品づくり2(日本パン技術研究所伊賀大八・山本剛史)
9月18日:リテイルベーカリーならではの製品づくり3(ラトリエ・ドゥブテイユ仁瓶利夫)
10月23日:リテイルベーカリーならではの製品づくり4(日本パン技術研究所山本剛史)
11月13日:原材料、発酵種、工程条件を工夫したパン作りの理論と実習(日本パン技術研究所原田昌博)
1月29日:リテイルベーカリーならではの製品づくり5(日本パン技術研究所根岸靖乃・ナガタユイ)
2月26日:冷蔵発酵の利用によるリテイルベーカリーならではの製パンの合理化1(日本パン技術研究所井上好文)
3月26日:冷蔵発酵の利用によるリテイルベーカリーならではの製パンの合理化2(同)

【問合先】
日本パン技術研究所03-3689-7571

<応募期間6月1日〜8月31日>
第13回クインビーガーデンメープルスイーツコンテスト
【コンテスト概要】
▽応募部門=洋菓子部門:洋菓子店、カフェ、レストラン等で商品化可能な菓子。生菓子・焼き菓子、デザート、アシェットデセール等、菓子全般/パン部門/和菓子部門
▽応募資格=菓子やパンに携わるプロフェッショナル(洋菓子・和菓子・パン職人、料理人など)
▽応募条件=Mクインビーガーデン「ケベック・メープルシロップ」もしくは「ケベック・メープルシュガー」を必ず使用。作品は未発表のもの(今後発売あるいは発売予定のもの可)。または、この1年以内に新商品として発表されたもの、あるいは新メニューとして発表されたもの。一人何点でも応募できる。洋菓子部門は3時間以内、パン部門は5時間以内、和菓子部門は2時間以内で製作できるもの。※書類審査(一次審査)応募用の原料または詳細は同社HP(http://www.qbg.co.jp/contest.html)を閲覧。実技審査(最終審査)の原料は同社が提供。パン部門は、作品内容によっては前日仕込みが可能で作業時間は1時間以内とする。
▽応募期間=6月1日〜8月31日郵送の場合当日消印有効
▽応募方法=規定の応募用紙を使用。同社HPからダウンロードするか事務局まで電話・FAXで請求。※応募用紙配布開始は5月後半予定。応募の際は作品写真を添付。応募書類は返却しない。また、同社のマーケティング活動に使用する
▽審査方法=書類審査(一次審査):応募作品の中から部門ごとに書類審査通過作品を選出。書類審査通過作品の応募者には10月上旬に書面にて通過の旨を連絡。実技審査(最終審査):書類審査通過の作品を実際に製作。実技審査日:和菓子部門10月20日、洋菓子・パン部門10月27日(パン部門前日仕込み10月26日)。会場:学校法人東京綜合食品学園東京製菓学校。※実技審査会場までの交通費の一部と必要に応じて宿泊の費用を同社が負担
▽表彰式=11月7日(カナダ大使館)予定。※表彰式の会場までの交通費を一部同社で負担
▽賞典=最優秀賞:各部門1名(賞金150,000円ほか)、最優秀賞以外のファイナリスト(表彰式進出者):各部門2名(賞金30,000円ほか)

【応募用紙請求・送付先】
〒104-0032東京都中央区八丁堀3-17-16セントラル京橋4F「メープルスイーツコンテスト」事務局
TEL03-3553-7510、FAX03-3551-6714

<応募書類締切9月27日>
第7回スイーツコンテスト Tarte-1グランプリ
【募集要項】
▽応募資格と条件=パティスリー、ホテル、レストランなど、製菓・製パン・調理等に関わる全てのプロフェッショナル。製菓学校教員も可、但し学生及び菓子・料理教室等の主宰者は不可。国籍不問、但し勤務地は日本国内であること。年齢・経験年数不問。応募は1人1作品(1種類)。コンテスト決勝審査の出場者は、試食審査前日に焼成済みの作品を持参又は宅急便などを利用して会場に提出すること(仕上げ作業がある場合はコンテスト当日に行うことが出来る)。また、決勝審査(プレゼンテーションを含む)及び同日・同会場で開催予定の表彰式にも出席可能なこと。※遠方からの参加者には会場までの主な交通費(国内に限る)を支給、また必要に応じて決勝審査前日の宿泊(選手本人・11月6日1泊のみ)を手配する
▽応募書類締切=9月27日※消印有効
▽書類審査=10月初旬(12名を選出予定)
▽決勝審査=11月7日
▽決勝審査会場=専修学校日本菓子専門学校(東京都世田谷区上野毛2-24-21)
▽応募方法=所定の応募用紙(裏面/コピー可)に必要事項を記入の上、必要書類(作品写真等を含む)を添付して郵送。但し、ルセットはA4用紙に横書き(用紙は縦)。手書きする場合は丁寧に。※FAXや電子メールでの応募不可。応募書類は一切返却しない
《課題》
オリジナル「タルト・シュクレ」(以下:タルト)4台の製作
@タルトには、必ず全国各地の特産品を1種類以上使用すること。タルトの底生地や使用するクリームの種類等は不問。
A作品のサイズはφ18〜22cm・高さは不問(必ずタルトリング又はタルト型を使用してホールで提出することとし角形の場合もこれに準ずる。試食審査では1台を最大12カットにする予定)
B決勝審査当日、会場で仕上げに生クリームを使用する場合は、原則として主催者が指定するものを使用する。
C決勝審査は、原則作品の前日持ち込みとなる。※審査当日に仕上げ作業を希望する場合は、約90分作業ができる。クリームやメレンゲの絞り、フルーツなどの盛りつけ、グラサージュ、その他装飾パーツやオーナメント類の接着など。
D決勝審査では、書類審査で提出したものと同じ作品を提出する(多少に係わらず、レシピやデコレーションの変更は不可)。

【郵送先】
〒105-0012東京都港区芝大門1-16-10土木田ビル
協同組合全日本洋菓子工業会タルト1グランプリ係
TEL03-3432-6509

<6月26・27日>
第26回アメリカンベーキングセミナー東京会場
【セミナー概要】
▽会場=日清製粉M小網町ビル8階加工技術センター(東京都中央区日本橋小網町19ー12) ▽対象=パン・菓子の製造及び開発に携わる人
▽講師=ベーカリー研究所「FORMA-LAB」代表のマリオ・フォーティン氏と日清製粉技術スタッフ
▽内容=レーズンやピーカンを副資材としてたバラエティ豊かなパンや菓子を紹介。東京・大阪全て同一(13〜17時/両会場駐車場なし車での来場不可)
▽定員=各70名、定員になり次第締切
▽受講料=無料

【問合・申込先】
M日清経営技術センター
東京都千代田区神田錦町1-25
電話03-5282-6550

<6月27日>
スチコン&石窯+チラースイーツセミナー 〜パティシエールへ〜
【スイーツセミナー概要】
▽日時=6月27日(水)@講習会=12〜17時A懇親会=17時30分〜19時(軽食を用意)
▽会場=Mツジ・キカイ大阪支店+堂島ラボ(大阪府大阪市北区堂島浜2-2-28堂島アクシスビル1階)
▽参加資格=@洋菓子業界に携わる女性A菓子作りに対して強い情熱を持つ人
▽講師=赤崎哲郎氏、冨田大介氏、森山康氏/スペシャルゲスト:Mナリヅカコーポレーション内海三三子社長
▽申込締切=定員になり次第

《申込み》
E-mailまたはFAX※申込用紙は同社HPより。
TEL06-6348-3611
FAX06-6348-3612
E-mail:mizuhata@tsuji.co.jp

<6月29日>
第26回アメリカンベーキングセミナー大阪会場
【セミナー概要】
▽会場=日清製粉M東灘工場加工技術センター(神戸市東灘区魚崎浜町14) ▽対象=パン・菓子の製造及び開発に携わる人
▽講師=ベーカリー研究所「FORMA-LAB」代表のマリオ・フォーティン氏と日清製粉技術スタッフ
▽内容=レーズンやピーカンを副資材としてたバラエティ豊かなパンや菓子を紹介。東京・大阪全て同一(13〜17時/両会場駐車場なし車での来場不可)
▽定員=60名、定員になり次第締切
▽受講料=無料

【問合・申込先】
M日清経営技術センター
東京都千代田区神田錦町1-25
電話03-5282-6550

<7月10・11日>
北海道小麦キャンプ2018inオホーツク 【開催概要】
▽北海道小麦セミナー(10日9時30分〜12時/定員80名/ホテル黒部/参加料無料)=基調講演:メガFTA時代の北海道と食(酪農学園大学名誉教授・農学博士中原准一氏)、講演:消費者が求める「安全で豊かな食」とは(NPO法人北海道食の自給ネットワーク事務局長大熊久美子氏)、トークセッション:かけがえのない故郷の原風景〜どうする?小麦畑の未来〜(小川繁幸氏[生産者]・今井貴祐氏[フォトグラファー]・コーディネーター森下暢亮氏[東京農業大学])
▽プロシェフに習う料理教室(10日13時30分〜16時30分/定員50名/ホテル黒部/参加料3,000円)=ハイアットセントリック銀座東京料理長早坂心吾氏
▽小麦生産者、製菓・製パン・製麺職人との交流会(10日18〜20時/定員100名/ホテル黒部/参加料5,000円)=オホーツクの小麦生産者や地元の製菓・製パン・製麺職人などとともに会話や食事を楽しむ交流会
▽小麦畑と品種改良の最前線を見るバスツアー(11日9〜14時/定員50名/参加料昼食代含む3,000円)=オホーツク小麦の畑や品種改良の最前線などを巡る
▽人気店ブーランジェから習うパン講習会(11日15〜18時/定員50名/北見綜合卸センター/参加料3,000円)=nukumukuオーナーシェフ与儀高志氏
▽募集期間=6月20日まで※各プログラムの定員に達し次第締め切り
▽申込=パンフレット(兼申込書)をダウンロードして必要事項を記入し、申込専用窓口の公益財団法人オホーツク地域振興機構へFAX。FAXでの申込が困難な場合は同財団まで電話(0157-33-4581)で問い合せ

【問合先】
工業振興課食産業振興係(北海道小麦キャンプ2018inオホーツク実行委員会事務局)
電話0157-25-1210
FAX0157-26-2712
E-Mail:komugi@city.kitami.lg.jp

<7月17〜19日>
第7回ベーカリー&カフェ ジャパン2018 【開催概要】
▽開催時間=10〜17時
▽来場者数=3万人(予定)
《展示会名と出展対象》
▽ベーカリージャパンEXPO=小麦粉・内麦・米粉・雑穀・プレミックス・フラワーペースト・油脂・乳製品・チョコレート・発酵種などの原材料、その他製菓・製パン用資材、厨房設備機械、他
▽ベーカリーカフェEXPO=コーヒー、紅茶、日本茶、ソフトドリンク、テイクアウト用資材、サンドイッチ包材、フィリング食材、焼成後冷凍パン生地、他
▽サンドイッチ・惣菜パンブームを支える惣菜・包装・関連資材EXPO=サンドイッチ用惣菜、焼き込み調理パン用惣菜、ソース・出汁・ドレッシング、香草、有機栽培野菜、他
▽ベーカリー店舗デザインEXPO=家具、店舗・内装デザイン、家電、コーヒーマシン、フライヤー、ドリンクディスペンサー、飲料、他
▽夏場対策:冷やしてもおいしい!ベーカリー・スイーツEXPO=冷やしても美味しい原材料・素材、アイスクリーム、冷凍ショーケース、アイスクリーム・ジェラートマシン、ドリンクディスペンサー、飲料、他
▽ナチュラルビューティー食品素材EXPO=スーパーフード、健康食品、サプリメント、ビタミン、ハーブ、特定保健用食品、健康志向食品、介護食品、他
▽人手不足対応:AI、IoT、ロボット、時短機器、関連EXPO=ベーカリーのAI、POSレジ、ビーコン、ロボット、他


ベーカーズタイムス最新号へBACK