業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<1月24・25日>
春季Foodconvention2018
 日本アクセスは、豊かな食、つまり「美味しさ、安全・安心、新しさ」という食の価値をメーカーと共に食卓へ届ける真の価値を得意先に提供するという意思を込めて今回のテーマを掲げた。
 会場では、総合力を発揮し、顧客の多様化したニーズにも対応する幅広い商品、役に立つサービスなどを伝えられるよう趣向を凝らした提案を行う。

【概要】
《西日本》
▽場所=インテックス大阪6号館1階A・Bゾーン
▽総来場予定者数=5千人
▽出展予定社数=約500社
《春季展示商談会》
▽中四国=2月1日/コンベックス岡山
▽九州=2月8日/福岡国際センター

<1月28〜31日>
ISM2018 ケルン国際菓子専門見本市
【開催概要】
▽入場資格=専門業者 ▽出展対象商品=チョコレート、キャンディー、ビスケット、スナック菓子、アイスクリーム、原材料、店舗備品、販促・宣伝機材
▽入場券価格(2017年参考)=1日券(前売価格)4,300円(現地51ユーロ )、2日券(同)6,800円(同69ユーロ )、3日券(同)8,100円(同78ユーロ )、4日券(同)8,800円(同84ユーロ )※同時開催の「プロスイーツ」にも入場可能。見本市の会期中はケルン市内とその近郊の公共交通機関が入場券で無料乗車できる。前売入場券の価格は為替レート変動に応じて変更・改定される場合がある。12月中旬より販売予定。
【問合先】
ケルンメッセM
〒150-0013東京都渋谷区恵比寿1-13-6恵比寿ISビル5階
TEL03-5793-7770、FAX03-5793-7771
kmjpn@koelnmesse.jp

<2月3〜6日>
ユーロパン2018
 GLイベント社とフランス製パン製菓工業会(EKIP)は2018年2月3〜6日の4日間、フランス/パリ・ノール見本市会場ホール6で「ユーロパン(EUROAPIN)」を開催する(公式HP:http://www.europain.com/en英・仏語)。
▽入場方法=来場予定者は、ユーロパン公式サイト「ASK FOR YOUR BADGE」より事前登録の上、入場バッジをダウンロード。入場バッジはプリントアウトし、当日会場受付に提示する。また、事前登録の際は、業界関係者向けの以下招待コードを入力すると無料で入場バッジを入手できる(招待コード:MMPRM)。
▽入場料=招待コードを利用し公式HPで事前登録―入場バッジは無料。招待コードなしで公式HP事前登録の場合は入場バッジ1枚につき50ユーロ(税込)。※どちらも入場バッジ1枚につき、2名まで入場可。当日会場で購入することもできるが、招待コードなしの場合は、入場バッジ1枚50ユーロ(1枚につき1名のみ)で購入できる。その場合身分証明書の提示が必要なので名刺等を用意のこと。
 同展は、偶数年にパリで開催されるパン・洋菓子・氷菓・チョコレート・砂糖菓子の分野に特化した世界最大級の国際見本市。毎回フランスのノウハウを集め、また世界各国から最新の製品・設備・サービスを集結させている。業界関係者向けの見本市であり、プロ・職人・大量生産型企業に対して、製パン製菓関連業界の様々なニーズや新しい消費スタイルに対応していくために必要なあらゆるソリューションを提供している。
【日本代表選手も出場予定の国際コンクールに注目】
 開催期間中、会場内では製パン製菓の国際コンクールが開催され、次の2つの国際コンクールでは毎回日本代表選手が健闘している。
《マスターズ・ドゥ・ラ・ブーランジュリー》
 ベーカリーワールドカップと交互に開催され、個人戦でパン職人の世界一を競う大会。2018年は日本代表として瀬川洋司氏(Mドンク)がパン部門で出場。
《モンディアル・デ・ザール・シュクレ》
 世界トップレベルのパティシエ・ショコラティエが集結し、男女1組のチームとなり、各国代表チームとその高い技術力・芸術性・味を競う。2018年は、日本代表チームとして斉藤慶氏(品川プリンスホテル)、細川真理子氏(ザ・プリンスパークタワー東京)が出場。

<2月10日>
第1回林原ライフセミナー
【概要】
▽日時=2月10日13時30分から16時
▽主な講演=基調講演:「生きる喜びを創造するおいしい嚥下食へ」/金谷節子氏(金谷栄養研究所所長)、講演:「栄養士と患者さんでつくる高齢者糖尿病の食事」〜こころと体にやさしい家庭版真空低温調理〜/福島芳子氏(医療法人社団順修会谷口内科管理栄養士)
▽聴講料=1,000円(当日会場受付で支払/領収証希望者は受付で渡す)
▽聴講特典=トレハロース500g、林原オリジナル日本手ぬぐい、企業グッズなど贈呈
▽申込=申込用紙に必要事項を記入しFAXかメールで事務局に送付する。折り返し聴講券を返送
▽申込締切=1月31日

【申込・問合先】
M生活デザイン研究所
〒730-0036広島県広島市中区袋町6-17ライフメント袋町402号
TEL082-504-4780、FAX082-504-4781
e-mail:seikatud@crocus.ocn.ne.jp

<2月19〜23日>
第十回冷凍生地アドバンスコース
【概要】
▽開催日=2018年2月19〜23日(連続5日間)
▽目的=冷凍生地の基礎理論から応用技術まで、諸条件の違いによる品質変化を科学的に把握し、各種冷凍生地製法の特徴およびこれらを用いた様々な利用技術を習得する。さらに、これらの応用技術によるパンの品質維持とともに、より合理的なベイクオフスタイルを追求する
▽受講対象者=中級の製パン技術を習得した人、製パン技術教育コース(本科100日間)卒業生、および同等レベルの製パン技術を持ち、高度な冷凍生地利用技術の習得を目指したい人
▽定員=最大30名(先着順)
▽受講料=会員118,800円(税込・昼食付き)、一般129,600円(同)
▽入寮費=32,400円(朝夕食事付き、先着15名まで男性のみ)
▽申込方法=申込書に必要事項を記入し、FAXで開催日の2週間前までに申し込む。
《コース内容と講師》
▽1日目=製パン基礎理論と冷凍生地製法における問題発生メカニズムの解説(日本パン技術研究所/井上好文氏)、新しい冷凍耐性酵母について(オリエンタル酵母工業古川周平氏を予定)など。
▽2日目=フロアタイム条件が成形冷凍生地の熟成と安定性に及ぼす影響など(日本パン技術研究所/山本剛史氏・伊賀大八氏)
▽3日目=パーベイク製品の製造実習、輸入市販冷凍生地の焼成評価
▽4日目=ホイロ後冷凍生地の製造実習・温度制御プログラム焼成(山本氏・伊賀氏)
▽5日目=ベーカリー製品の真空冷却技術とくにベイクオフに特化して、冷凍生地に使用される生地改良成分について(伊賀氏)

【問合先・申込先】
一般社団法人日本パン技術研究所、担当/伊賀
電話03-3689-7571、FAX03-3689-7574


ベーカーズタイムス最新号へBACK