業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<10月29日〜11月1日>
JAPAN PACK 2019
【JAPAN PACK 2019開催概要】
 2年に1回開催する同展は、新たに「日本包装産業展」として、従来の強みであるハード面に加えて、ソフト面も内包した総合展示会へと進化。製造加工、計量、充填、包装、印刷、印字、検査梱包など「きっとみつかるあなたの包程式」をテーマとして、「包む」ことに関連する多種多様な企業、先進的な技術が一挙として集うことで、私たちが「包程式」と呼ぶ新たなつながりと相乗効果が生まれる。
▽開場時間=10〜17時
▽会場=幕張メッセ(〒261-8550千葉市美浜区中瀬2-1)
▽目的=国内外の包装機械、包装資材、包装材料加工機械、食品加工機械、医薬・化粧品製造機器、物流機器および関連機器の新製品を展示公開し、産業の合理化と国民生活の向上に寄与するとともに貿易の振興を図り、業界の発展に資することを目的とする
▽後援=経済産業省、日本貿易振興機構(ジェトロ)、日本商工会議所、東京商工会議所、日本包装技術協会、幕張メッセ、その他関係官公庁・公共団体等
▽出展対象品目=包装機械、包装資材、包装材料加工機械、製菓製パン・食品加工機械、医薬・化粧品関連機械、検査機・試験機、製造加工機器・包装関連機器、コンポーネント、包装用ロボット、流通関連機器、環境関連機器・サービス、プラントエンジニアリングシステム、関係団体PRコーナー、プレス
▽2017年実績=来場者数:4万6千416人(内海外1159人)、 出展社数:445社(内海外37社)

日清エンジニアリングが初出展
 日清製粉グループの日清エンジニアリングM(村田博社長)は同展に初出展する(ブース:6H-07)。
 同社ブースでは、多品種少量生産に適したバッチ連続システムである「マトコン・コンテナ(IBC)システム」を使用したプラント設備をはじめ、食品・粉体等の工場トータルエンジニアリングについて提案。同システムは、同社が2002年から英国マトコン社のエンジニアリング・パートナーとして導入されている粉粒体用容器システム。これまで、食品・医薬、化学、金属粉体や電子・電池材料粉体など幅広い分野で採用されている。
《主な出展内容》
▽粉粒体コンテナシステム「マトコン」=少量多品種の粉体を取り扱う工場で衛生的な環境を保ちながら、柔軟かつスピーディーに品種切り替えができるマトコン・コンテナシステムの事例紹介。
▽食品・粉体工場トータルエンジニアリング=食品工場建設や粉体プラント施工のプロジェクトについて取り組み方や進め方のポイントを生産設備と建屋を最適化した「トータルエンジニアリング」という視点から紹介。

<11月6日>
HBC21 2019年度 第4回勉強会
テーマ「クリスマスとホテルの定番」
【勉強会概要】
▽日時=11月6日(水)13〜17時(12時30分より受付)
▽場所:イワセエスタ本社エスタ館(http://www.e-shops.jp/local/nsh/6158781115.html)大阪市浪速区元町3・12・20(最寄駅:JRなんば/地下鉄四つ橋線大国町)
▽講師:等倉孝之氏(スイスホテル南海大阪・_ベーカリー料理長)
▽参加費:会員:4千円/一般:7千円※当日会場で徴収
▽申込み:氏名、会社名、住所、電話番号を明記の上、FAXまたはメールで申し込む(希望者多数の場合は会員優先) ※締め切り:10月30日

【問合/申込先】
HBC21事務局/Mベーカーズタイムス社内、電話06・6252・5812(10〜17時/平日のみ)、FAX06・6252・5960、担当/佐伯、E-mail saeki@bakerstimes.co.jp

<11月7日>
第23回トレハロースシンポジウム
【開催概要】
▽開催日時=11月7日、メインシンポジウム13時〜16時55分/イブニングセッション17時15分〜19時15分、受付12時30分より
▽場所=ソラシティカンファレンスセンター(東京都千代田区神田駿河台4-6御茶ノ水ソラシティ/TEL03-6206-4855)、メインシンポジウム:御茶ノ水ソラシティホールWEST(2F)/イブニングセッション:同RoomC(1F)
▽定員=メインシンポジウム:150名/イブニングセッション:80名
▽参加費=メインシンポジウム:無料/イブニングセッション:1千円
▽申込方法=@Web:https://48auto.biz/hayashibara/registp.php?pid=18にアクセスし、必要事項を入力して申込AFAX/Eーmail:申込用紙に記入しFAXかEーmailを送信※申込は先着順
▽申込期限=10月24日
▽プログラム=第1部:分子を支える、特別講演など(櫻井実氏・平井光博氏)/第2部:トレハロースを食す、海外招待講演など(Mark H.Wilcox氏・下川周子氏)

【問合先】
M林原マーケティング部
電話/FAX0120-05-8848(受付:土・日・祝を除く9〜17時)
E-mail:HB96502@hb.nagase.co.jp
URL:https://48auto.biz/hayashibara/registp.php?pid=18

<11月19日>
東日本大震災復興支援 第20回チャリティー製パン講習会
【開催概要】
▽講師・実行委員及び実演予定品目=近藤香苗氏(季節のお菓子教室「12菓月」主宰)/クリスマスのスパイスマフィン・タルトタタン風パンプディング、井上克哉氏(Auvergneオーナーシェフ)/クラックラン(クリスマスブレッド)スコーン、伊原靖友氏(Zopf オーナーシェフ)/ブリオッシュ各種/昼食、山崎豊氏(元Gerard Mulotシェフ)/希望のりんご・お楽しみ手捏ねパン(昼食用)
▽日時=11月19日10時〜16時30分(9時30分受付開始)
▽場所=東北石川食料株式会社2F加工センター(仙台市若林区卸町3-6-8)※車での来場不可。鉄道など公共交通機関利用のこと。
▽会費=受講の方:7千円(一人当たり/昼食付)、メディア:2千円(昼食代として)、受講料は「あしなが育英会」に寄付する予定。個別領収書は発行しない。
▽定員=30名(定員になり次第締め切り)
▽申込方法=申込書に所定事項を記入し、日清製粉M仙台営業部チャリティー製パン講習会窓口にFAX022(224)6982を送信する。
▽申込締切=11月8日

【問合先】
日清製粉M仙台営業部、担当/猪股・久保、TEL022(222)3175(チャリティー製パン講習会窓口担当)、アクセス=地下鉄利用:仙台市地下鉄東西線卸町駅下車北1出口より徒歩14分、バス利用:陸上自衛隊仙台駐屯地前下車徒歩6分(仙台市営バス:仙台駅50番乗り場東仙台営業所前行または小鶴新田駅行)、タクシー利用:仙台駅東口タクシー乗り場より約10〜15分

<2020年2月12〜14日>
第54回スーパーマーケット・トレードショー2020
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会(横山清会長)は2020年2月12〜14日の3日間、幕張メッセ全館で流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」および「デリカテッセン・トレードショー2020」を開催する。

 6月6日より両展の出展申込の受付を開始。7月12日までは同協会会員の優先受付期間となり、一般受付は8月1日10時から開始する。申込の受付期間は8月9日18時までだが、満小間になり次第受付終了となる。※その他詳細は、各展の公式ウェブサイト(http://www.smts.jp//http://www.delica.jp/)を閲覧するか、運営事務局(電話03-5209-1056/E-mail:trade@smts.jp)まで問合わせる。
《第54回スーパーマーケット・トレードショー2020》
▽テーマ=『創』ニッポン
▽入場料=5,000円(消費税込み)※業界関係者のみ/招待券持参者は無料/18歳未満入場不可
▽前回来場者数=約88412名※合同開催展含む
▽前回規模=出展者数:2176社/団体小間数:3568小間(うち海外出展者:20カ国150社176小間)
▽併催催事=SMTS2020主催者企画『Future Store“NOW”(継続的近未来スーパーマーケット研究)』、てづくりNIPPON(テーマ:日本酒、焼酎、クラフトビール、日本ワイン、ウイスキー)、食の安心、安全対策、レセプションパーティー、各種ステージ、専門セミナー
▽合同開催=第15回こだわり食品フェア2020、デリカテッセン・トレードショー2020、第5回外食FOODTABLE
《デリカテッセン・トレードショー2020》
▽前回規模=出展者数:75社/団体小間数:236小間
▽併催催事=お弁当・お惣菜大賞2020表彰式

【問合先】
一般社団法人全国スーパーマーケット協会スーパーマーケット・トレードショー運営事務局
〒101-0047東京都千代田区内神田3-19-8櫻井ビル
TEL03-5209-1056、FAX03-3255-4829
E-mail:trade@smts.jp
URL:http://www.smts.jp/

<2020年5月26日〜30日>
タイ国際食品展示会「THAIFEX-ANUGA ASIA」
 タイ国商務省国際貿易振興局(DITP)は2020年5月26日〜30日の5日間、タイの首都バンコクで、タイ国際食品展示会「THAIFEX-ANUGA ASIA」を開催する。2019年に42カ国より2745社の出展、134カ国から6万7千136人の来場者数を誇った同フェアは、2020年より「THAIFEX-ANUGA ASIA」に名称、展示会ロゴをリニューアルする。

【問合先】
ケルンメッセM〒150ー0013東京都渋谷区恵比寿1-13-6恵比寿ISビル5階、Tel03(5793)7770、Fax03(5793)7771、Email: kmjpn@koelnmesse.jp


ベーカーズタイムス最新号へBACK