業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<10月7〜11日>
第12回発酵種アドバンスコース
【開催概要】
@目的=各種発酵種の基礎理論から応用技術まで、発酵条件の違いによる品質変化を科学的に把握するとともに、これらを用いた様々な製パン、発酵種の利用技術を習得し、これらの応用による製パンの合理化を追求する
A受講対象者=中級程度の製パン技術を習得した人、製パン技術教育コース卒業生や各種コース修了生、および同等レベルの製パン技術や経験を持ち、より高度な技術習得を目指したい人
B定員=36名
C受講料(税込)=会員企業121,000円、一般132,000円
D入寮費(同)=33,000円(朝夕食事付き、先着15名まで男性のみ、女性宿泊希望者は近隣ホテルを利用のこと)
E申込方法=申込書に必要事項を記入しFAXまたは郵送で申し込む
F締切日=9月20日(定員になり次第締切)
《コース内容》
▽1日目=21世紀の製パン技術と発酵種/世界の発酵種/発酵種の科学/スターターの調整実習(4日間実施)
▽2日目=多様な発酵種の特徴を活かしたパン作り
▽3日目=欧州の伝統的な発酵種利用によるパン作り/発酵種培養条件が品質に及ぼす影響(第一部)
▽4日目=美味しさと合理性を追及したサワー種製パン/発酵種培養条件が品質に及ぼす影響(第二部)
▽5日目=各種発酵条件で調整した発酵種の比較製パン実習(温度、加水量、小麦粉やライ麦粉の灰分値などを変えた小麦粉サワー種、ライ麦粉サワー種による比較/パンペイザン、全粒粉食パン、ブリオッシュブレッドなど)※2日目以降の授業時間は8時30分開始18時頃終了予定

【申込先】
パン技術研究所、FAX03-3689-7574

<10月16日〜18日>
FABEX関西2019
【開催概要】
▽名称=FABEX関西2019(次の4展総称)/第7回ファベックス関西2019、第7回関西デザート・スイーツ&ベーカリー展、第3回地域食品ブランドフェア、第2回カフェ&ドリンクショー関西2019
▽主催=日本食糧新聞社、協同組合全日本洋菓子工業会(関西デザート・スイーツ&ベーカリー展)
▽共催=全国和菓子協会(関西デザート・スイーツ&ベーカリー展)
▽関西デザート・スイーツ&ベーカリー展特別協力=リテイルベーカリー協同組合
▽目的=業務用の食材・資材を提供するメーカー、並びに容器包装・衛生・厨房・販促物などを扱う業者が一堂に集まり、需用者である惣菜業者・外食業者・デパート・スーパー・CVS・ホテル関係者などに向けて、新しい技術とメニューなどを提案する。業界全体の拡大発展や省エネ・効率性、健全発展のための考えを広く中食・外食業界に紹介する
▽会期=10月16日〜18日3日間10〜17時
▽会場=インテックス大阪1・2号館
▽展示規模=400社/550小間(予定)※同時開催展を含む5展合計
▽入場者=4万人(予定)※同
▽入場料=4千円(税込)※招待状持参者は無料

<10月18日>
緩衝包装設計実践コース
【開催概要】
▽とき=10月18日9時50分〜17時
▽ところ=大阪産業技術研究所和泉センター(大阪府和泉市あゆみ野2-7-1/TEL0725-51-2525)
▽対象=包装資材メーカー、電機電子機器等製造メーカーの担当者、これから包装設計業務に従事する人
▽定員=15人(定員になり次第締切)
▽参加費=日本包装技術協会会員:3万円/人(消費税別途、テキスト・昼食代含む)、一般:3万7千円/人(同)
▽申込方法=申込書に必要事項を記入しFAXで申し込む。申込受付後、実施要領と会場の詳細を送付(請求書は別途)
▽申込締切日=10月11日(締切日以降の参加取り消しは参加費の返金不可。代理の参加可。また、当日の無断欠席不可)

【問合先】
公益社団法人日本包装技術協会関西支部
〒550-0014大阪市西区北堀江1ー1ー27イマイビル4階、担当/多林・藤林
TEL06-6532-1189
FAX06-6532-1179

<11月7日>
第23回トレハロースシンポジウム
【開催概要】
▽開催日時=11月7日、メインシンポジウム13時〜16時55分/イブニングセッション17時15分〜19時15分、受付12時30分より
▽場所=ソラシティカンファレンスセンター(東京都千代田区神田駿河台4-6御茶ノ水ソラシティ/TEL03-6206-4855)、メインシンポジウム:御茶ノ水ソラシティホールWEST(2F)/イブニングセッション:同RoomC(1F)
▽定員=メインシンポジウム:150名/イブニングセッション:80名
▽参加費=メインシンポジウム:無料/イブニングセッション:1千円
▽申込方法=@Web:https://48auto.biz/hayashibara/registp.php?pid=18にアクセスし、必要事項を入力して申込AFAX/Eーmail:申込用紙に記入しFAXかEーmailを送信※申込は先着順
▽申込期限=10月24日
▽プログラム=第1部:分子を支える、特別講演など(櫻井実氏・平井光博氏)/第2部:トレハロースを食す、海外招待講演など(Mark H.Wilcox氏・下川周子氏)

【問合先】
M林原マーケティング部
電話/FAX0120-05-8848(受付:土・日・祝を除く9〜17時)
E-mail:HB96502@hb.nagase.co.jp
URL:https://48auto.biz/hayashibara/registp.php?pid=18

<2020年2月12〜14日>
第54回スーパーマーケット・トレードショー2020
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会(横山清会長)は2020年2月12〜14日の3日間、幕張メッセ全館で流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」および「デリカテッセン・トレードショー2020」を開催する。

 6月6日より両展の出展申込の受付を開始。7月12日までは同協会会員の優先受付期間となり、一般受付は8月1日10時から開始する。申込の受付期間は8月9日18時までだが、満小間になり次第受付終了となる。※その他詳細は、各展の公式ウェブサイト(http://www.smts.jp//http://www.delica.jp/)を閲覧するか、運営事務局(電話03-5209-1056/E-mail:trade@smts.jp)まで問合わせる。
《第54回スーパーマーケット・トレードショー2020》
▽テーマ=『創』ニッポン
▽入場料=5,000円(消費税込み)※業界関係者のみ/招待券持参者は無料/18歳未満入場不可
▽前回来場者数=約88412名※合同開催展含む
▽前回規模=出展者数:2176社/団体小間数:3568小間(うち海外出展者:20カ国150社176小間)
▽併催催事=SMTS2020主催者企画『Future Store“NOW”(継続的近未来スーパーマーケット研究)』、てづくりNIPPON(テーマ:日本酒、焼酎、クラフトビール、日本ワイン、ウイスキー)、食の安心、安全対策、レセプションパーティー、各種ステージ、専門セミナー
▽合同開催=第15回こだわり食品フェア2020、デリカテッセン・トレードショー2020、第5回外食FOODTABLE
《デリカテッセン・トレードショー2020》
▽前回規模=出展者数:75社/団体小間数:236小間
▽併催催事=お弁当・お惣菜大賞2020表彰式

【問合先】
一般社団法人全国スーパーマーケット協会スーパーマーケット・トレードショー運営事務局
〒101-0047東京都千代田区内神田3-19-8櫻井ビル
TEL03-5209-1056、FAX03-3255-4829
E-mail:trade@smts.jp
URL:http://www.smts.jp/


ベーカーズタイムス最新号へBACK