業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<応募書類締切9月28日>
第10回スイーツコンテスト/Tarte-1(タルト-1)グランプリ
 協同組合全日本洋菓子工業会(世界洋菓子・パン連盟日本本部)は「第10回スイーツコンテスト/Tarte-1(タルト-1)グランプリ」を開催する。

 同コンテストは、全国から選りすぐりのタルト・シュクレ(甘味のタルト)を募集し、グランプリを決定するもので、全国のパティシエから、各地の特産品を使用した作品を応募している。決勝審査出場選手には、同コンテストのロゴマーク使用が認められる。※新型コロナウイルスの感染状況によっては、コンテストが中止または延期となる可能性がある。

《開催概要》
▽募集対象(応募資格)と条件=パティスリー、ホテル、レストランなど、製菓・製パン・調理等に関わる全てのプロフェッショナル[製菓学校教員も可、但し学生及び菓子・料理教室等の主宰者は不可/国籍不問、但し勤務地は日本国内であること/年齢・経験年数不問/応募は一人1作品まで]。コンテスト決勝審査の出場者は、試食審査前日に焼成済みの作品を持参又は宅急便などを利用して会場に提出すること(仕上げ作業がある場合はコンテスト当日に行うことが出来る)。また、決勝審査(プレゼンテーションを含む)並びに同日・同会場で開催する表彰式にも出席可能なこと。※遠方からの参加者には会場までの主な交通費(新幹線・飛行機代/国内に限る)を支給、必要に応じて決勝審査前日の宿泊(選手本人・11月10日一泊のみ)を手配
▽応募書類締切=9月28日(消印有効)
▽書類審査=10月初旬(12名を選出/予定)
▽決勝審査=11月10日

▽決勝審査会場=専修学校日本菓子専門学校(東京都世田谷区上野毛2-24-21) ▽課題=オリジナル「タルト・シュクレ」(以下:タルト)4台の製作
[条件1]タルトには、必ず全国各地の特産品を1種類以上使用すること。タルトの底生地や使用するクリームの種類等は不問。※特産品(果物、野菜、乳製品などの農産物や、その加工品等)の産地は不問。但し日本国内であること。作品は新作でも既に販売中のものでも可。但し他のコンテストに出品していないものに限る。提出する4台のタルトはデコレーションも含め同一のものであること。
[条件2]作品のサイズはφ18〜22cm・高さは不問(必ずタルトリング又はタルト型を使用してホールで提出することとし、角形の場合もこれに準ずる。試食審査では1台を最大12カットにする)
[条件3]決勝審査当日、会場で仕上げに生クリームを使用する場合は、原則として主催者が指定するものを使用する。※但し、生クリームが[条件1]の特産品に当たる場合は適用外とする。それ以外にも協賛各社の原材料の使用を推奨。
[条件4]決勝審査は、原則作品の前日持ち込みとする※選手は、焼成した作品を、冷蔵、冷凍又は常温の状態で、審査の前日に会場に提出(宅急便等による送付可、冷凍された作品は当日朝8時に冷蔵庫に移す)。審査当日に仕上げ作業を希望する場合は、審査の前に作業を行う事ができる(作業時間:約90分)。仕上げ作業の例:クリームやメレンゲの絞り、フルーツなどの盛りつけ、グラサージュ、その他装飾パーツやオーナメント類の接着など。但し、タルトは焼き上げた状態で前日に持ち込む事とし、焼成や温めを目的としたオーブンの使用は認めない(カセットタイプのガスバーナーやキャラメライザーの使用は可)。カスタードクリームやコンフィチュール、ナパージュ等を当日使用する場合やオーナメント類も完成品を持参のこと(当日の製作は不可)。当日、フルーツの皮を剥いたり、カットしたりすることは可。
[条件5]決勝審査では、書類審査で提出したものと同じ作品を提出する(多少に係わらず、レシピやデコレーションの変更は不可)
▽応募方法=所定の応募用紙(コピー可)に必要事項を記入し、必要書類(作品写真等を含む)を添付して郵送のこと。但し、ルセットはA4用紙に横書き(用紙は縦)。手書きの場合は丁寧に。※FAXや電子メールでの応募は不可。応募書類は一切返却しない▽審査方法=応募書類の中から12作品(予定)を選出する。※決勝進出者には10月15日頃までに書面で詳しい開催要項を添付して通知する。決勝進出作品は11月10日に催されるコンテスト決勝審査でプレゼンテーション及び試食審査を行い、優秀作品を選出する
▽賞(予定)=グランプリ:賞状・金メダル・賞金10万円及び副賞/準グランプリ:賞状・銀メダル・賞金5万円及び副賞/第3位:賞状・銅メダル・賞金3万円及び副賞/特別賞:未定/入賞:賞状
▽審査基準と配点(100点満点)=参考:味覚(40点)、独創性・デザイン性(20点)、特産品の活かし方(20点)、市場性(20点)▽その他=開催要項は、都合により一部変更する場合がある

【郵送先】
〒105-0012東京都港区芝大門1-16-10土木田ビル
協同組合全日本洋菓子工業会タルト1グランプリ係
TEL03-3432-6509

<10月15日>
第15回緩衝包装設計実践コース
《開催要領》
▽日時=10月15日9時50分〜17時
▽会場=大阪産業技術研究所和泉センター[和泉市あゆみ野2-7-1/TEL0725-51-2525]
▽対象=包装資材メーカー(包装設計業務従事者)、電機電子機器等製造メーカー担当者
▽定員=15名(定員になり次第締切)
▽参加費=日本包装技術協会会員:33,000円(消費税・テキスト代・昼食代含む)、一般:44,000円(同)
▽申込方法=@フォームに入力し送信。A申込受付後、実施要領・請求書・会場詳細を送付。B申込締切日は10月8日。締切日以降の参加取消しの場合、参加費は返金できない。代理参加可。

【問合先】
公益社団法人日本包装技術協会関西支部、多林・三中
〒550-0014大阪市西区北堀江1-1-27イマイビル4階
TEL06-6532-1189、FAX06-6532-1179

<10月18〜22日>
第13回発酵種アドバンスコース
《開催概要》
▽目的=各種発酵種の基礎から応用まで、発酵条件の違いによる品質変化を科学的に把握するとともに、これらを用いた様々な製パン、発酵種の利用技術を習得し、これらの応用による製パンの高品質化と合理化を追求すること。
▽受講対象者=中級程度の製パン技術を習得した人、製パン技術教育コース卒業生や各種コース修了生、 および同等レベルの製パン技術や経験を持っている人でより高度な技術習得を目指したい人。
▽日程=10月18〜22日
▽定員=36人
▽受講料=会員企業121,000円、一般132,000円(いずれも消費税込み)※JIBWEBメンバーは会員企業価格。入会申し込みは、ホームページより、または「おいしいパンの百科事典(http://www.panpedia.jp/)」より申請
▽宿泊=感染症対策のため藤寮の利用を控えている。宿泊希望者は、同研究所ホームページ記載の近隣ホテルを利用すること
▽コース期間中の昼食=コロナ感染対策のためランチボックスやスープの提供はしていない。試作製品(個人で確保)、バター(個包装)、カップスープ、ペッットボトル(水)は提供予定
▽申込=別紙申込書に必要事項を記入しFAXまたは郵送で申し込む。締切は10月1日。満席になり次第、募集締め切り
◇カリキュラムは、同研究所ホームページで詳細を確認のこと。

【問合先】
日本パン技術研究所、担当/原田
TEL03-3689-4701

<10月28〜30日>
シアル・チャイナ・サウス
【開催概要】
▽開催期間=10月28〜30日
▽開催場所=中国・深_(深_国際会展中心)
▽2021年第1回展(予定)=出展者数800社(うち45%が中国国外から参加予定)/来場者数5万人/総展示面積3万F
 同展は現在、日本からの出展企業を募集中。
《シアルネットワーク》
 シアル・ネットワークは、コメクスポジウムグループによって主催される世界最大級の食品・飲料の国際見本市。現在世界各国で定期的に9つの見本市(シアル・パリ、シアル・カナダトロント&モントリオール、上海のシアル・チャイナ、深_のシアル・チャイナ・サウス、ニューデリーのシアル・インディア、ジャカルタのシアル・インターフード、アブダビのシアル・ミドルイースト、パリのグルメ・セレクション、アルジェリアのジャザグロ)を開催し、200カ国から16700社の出展社と70万人業界関係者を集結させている。シアル・チャイナ・サウスは、シアル・ネットワークの見本市のひとつ。
シアル・ネットワークHP:www.sial-network.com

【問合先】
フランス見本市協会
〒105-0001東京都港区虎ノ門5-3-20仙石山アネックス204
TEL03-6809-1650、FAX03-6721-5578
E-mail:japan@promosalons.com
OfficialHP:http://promosalons.cc-town.net
Facebook:https://www.facebook.com/PromosalonsJapon

<11月24〜26日>
アグリビジネス創出フェア2021
 アグリビジネス創出フェア2021は、全国の産学機関が有する、農林水産・食品分野などの最新の研究成果を展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し、研究機関間や研究機関と事業者との連携を促す技術交流展示会。
 今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ソーシャルディスタンスに配慮した上で、展示場所のスペースの確保や会場の換気、事前の入場者登録、オンラインサイト(9月頃にオープン予定)を活用した情報発信も行う。

《開催概要》
▽開催期間=11月24〜26日(オンラインサイトは開催後も1カ月程度閲覧可能)
▽会場=東京ビッグサイト青海展示棟(東京都江東区青海1丁目2番33号)
▽開催テーマ=スマート農林水産業〜持続可能な社会とアグリビジネス〜
▽主催=農林水産省
▽ホームページ=https://agribiz.maff.go.jp/(外部リンク)  また、同フェアは、出展・プレゼンテーション発表等を通じて、最新の研究成果を広くPRすることにより、新たに連携する機関を見つける機会を設けている。

【問合先】 農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室、担当/谷・橋本・松本
代表電話03-3502-8111(内線5898)、FAX03-3593-2209

<2022年2月16〜18日>
第56回スーパーマーケット・トレードショー2022
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会は2022年2月16〜18日の3日間、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第56回スーパーマーケット・トレードショー2022(SMTS2022)」および「デリカテッセン・トレードショー2022(DTS2022)」を千葉市美浜区の幕張メッセ全館で開催する。

 現在もコロナ禍により多くの商談機会が失われ、経済への深刻な打撃が懸念される中、感染症対策を行うことでリスクを最小限に抑えながら開催。
《SMTS2022新企画》
 食のトレンドと商品を提案する「食のトレンドゾーン」。今回は2つのテーマを取り上げる。@美と健康×食(美しく健康的なココロとカラダづくりに役立つ商品)Aサステナビリティ×食(サステナビリティ(持続可能性)に配慮した商品)
 リモート出展企画「TRY NEW!〜新商品をためそう・体験しよう〜」
《DTS2022注目ポイント》
 メディアへの掲載実績多数の主催者企画「お弁当・お惣菜大賞2022」
 オンラインを活用しながら通年で開催中「デリカスタディ(デリカに関する勉強会)」
《開催概要》
▽開催時間=SMTS2022/DTS2022共通:10〜17時※最終日は16時まで
▽入場=同:業界関係者のみの招待制
▽主催者企画=SMTS2022:てづくりNIPPON(日本酒、焼酎、クラフトビール、日本ワイン、ウイスキー)、食の安心・安全対策、オンラインセミナー
▽合同開催=第17回こだわり食品フェア2022(主催:一般財団法人食品産業センター)


ベーカーズタイムス最新号へBACK